Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

ハセガワ 1/72 Yak-3 サーニャ・V・リトヴャク中尉仕様 前編

こんにちはお久しぶりですmimizukuです。

ここ最近ブログの存在自体をすっかり忘れておりまして、全く更新していなかったわけですが

夏休み中も勉強の休憩にちょくちょく模型をいじっていました。


DSC03994.jpg

今回の主役はコイツです。

といっても、完成したのも6月下旬なのでもう3か月も前なのですが…

そして、これの塗装は少し前にやったアニメ仕様塗装の第二弾。

完全オリジナルのマーキング全手描きです。

今回のモデルは、アニメ『ストライクウィッチーズ』より、サーニャ・V・リトヴャク中尉。

20081027083803.jpg

キャラクターモデルはソ連の女性パイロット、リディア・リトヴャクさんです。

この方の乗機はYak-1なのですが、個人的にYak-3のスリムで小さい機体がイメージと合致したのでこちらをチョイス。

Yak-1が見つからなかったとかそういうんじゃないです


さて、コックピットから作り込んでいきます。

DSC04098.jpg

DSC04099.jpg

主翼パーツに座席が接着されるという珍しい構造。

少し寂しかったので、伸ばしランナーやプラ板でレバー類や計器盤を追加しました。


さて、アニメ版ではこの女の子は「魔導針」なるものが出せるのですが、作中でもレーダーアンテナの役割を果たしています。

img_0.jpg
(左の子の頭についてる緑色のものです)

作るしかないですよね。

というわけで、授業中に適当にアイディアスケッチ。

DSC04169.jpg

家にある0.3mmの針金をいじって、魔導針パーツを4つ作りました。

DSC04170.jpg


そしてそして、次はお楽しみの機体塗装&マーキング。

オリジナル塗装機を作る際、一番楽しいのは塗装案を考えてる時ですね。間違いないです。

C_yRofNV0AA2Fe7.jpg

結局こんなとこに落ち着きました。

基本デザインはアニメのまんまですが、マーキングや国籍マークをどのへんに置くかで悩んだり。


さて、塗装案も決まったので翼端の赤から塗っていきます。

使用色はキャラクターレッド。下地は何も塗ってないですが、ちゃんと発色してくれるいい塗料です。

DSC04259.jpg


さて次は山場のマーキングです。

個人的には、「手描きマーキングは比率が命」だと思ってますので、

どうやったら縮小版を機体に描き込めるか、これを一時間ほどかけて考えました。

DSC04260.jpg

結果こんな感じに。この枠組みをデザインナイフ等で機体に描き込み、後は適当にマークを描くだけとなります。

てなわけで手始めにパーソナルマークから。これも公式デザインのままです。

DSC04265.jpg

そして国籍マーク(劇中の国はオラーシャといいます。ソ連がモデルです。)

DSC04269.jpg

反対側もお絵かきです。

ロシア機は文が入ってるというイメージがあったので、グーグル翻訳に助けてもらいながら文を描き込みました。

日本語では「空より高く」。彼女らが登場する回の題名です。

DSC04270.jpg


さて、作業は大体終わりましたので、次記事で完成と致します。

実は記事にしてないだけで結構ネタが溜まってるので・・・


では(-ω-)/

スポンサーサイト

1 Comments

リラックマ says..."サーニャさんが好きなのがモロに分かりますね"
久し振りにブログが更新されてるので
コメを残したいと思っております…。
mimizukuさんが、
色々な国の昔の機体が好きなのは
知っていましたがマニアックなソ連機を
好きと知った時に何か理由あるのかな?
って、思っていたりもしたクマでした!

その、アニメに理由があるのかな??
ってね!!!!
僕もですがマニアな人ってのは
好きこそものを言うな性格ですから…。
これまた仕方ないのかなぁ???と思う
僕の場合はそれが下手で事細かに、
まとめる事が出来ないと言うのが今も!!

今後、
もしもですがまたまたソ連機を作る機会
あったら差し上げた本を少しでもですね
参考にして欲しいなぁと思っています!
にしても、機体に描かれているマークを
手描きしているとは最初に知った時に、
マジで驚きましたよ!!!!!!!!!

2017.09.14 19:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。