Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

KPM 1/72 P-51Mk.Ⅲ 塗装仕上げ

こんにちは、mimizukuです。

中間テストの結果から「学年順位」の項目が消えており、順位は分かりませんでした。

まぁそんなに良くもなさそうなのでいいんですが。


さて、前回インベイジョンストライプの塗装を終えましたが、胴体も同様の手法で塗装しました。

胴体は大雑把に言うと円錐型をしているので、マスキングが難しいです。

DSC04110.jpg


そして機体塗装。

一気に進めてしまいました。

DSC04197.jpg

上面、下面共にMr.カラーの英空軍機用特色セットを使用しています。

さらに、主翼前縁の敵味方識別帯は、いつものRLM04イエローに少し赤を足した色を使いました。


このまま流れでデカールも貼ってしまいます。

DSC04198.jpg

おぉ~!!

カッコいい。カッコよすぎる。

マスタングの美しい機体ラインに、みんなが大好きな蛇の目が入りました。

これがカッコよくない訳がありません (-ω-)/


デカールは薄め、発色はあまりよくないですが、丈夫で軟化剤がよく効きます。

個人的には好きなデカールです。

DSC04199.jpg

主翼リベットにもこの通り馴染んでくれました。


さて続いて油絵の具によるウォッシングです。

油絵の具の黒に少し茶色を足した色をエナメル溶剤で溶き、機体に塗っていきます。

DSC04207.jpg

少しすると乾くので、キッチンペーパーで全体的に拭っていきます。

DSC04208.jpg

続いて、暗くしたいところや影の部分に絵の具を置きます。

DSC04210.jpg

これは綿棒で伸ばしたり拭き取ったりして仕上がりを調整します。

私はこの後、白の絵の具で要所要所に退色表現を施しました。

DSC04211.jpg

裏面はこんな感じ。

DSC04212.jpg

コチラは最初のウォッシングを終えた後、茶色の絵の具で油汚れを描いています。


そして、主翼上面にも油汚れや排気煙を描いて、塗装は終了となります。

DSC04213.jpg

今回は、排気煙にも油絵の具を使ってみました。

いつもはタミヤのウェザリングマスターを使ってますが、今回は実験を兼ねて。


どうでしょう、ウェザリングマスターの方が、黒煙っぽい感じはします。

次からそちらに戻そうかと思います。


小物も適当に塗装、タイヤの砂埃は100均のパステル粉です。

DSC04201.jpg

DSC04200.jpg


それでは次回は完成写真です。

お楽しみに!

スポンサーサイト

1 Comments

リラックマ says..."お国は違えどカッコ良いお馬さん"
イギリス空軍迷彩も似合いますね!!
そして、リベットがビッシリと入って
さらに酔いしれてしまいました…。
このリベットがある道具を使って再現を
したのですね!?
デファイアントさんでもその道具の
出番はやってくる事を期待してますよ!
2017.06.19 11:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。