Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

ハセガワ 1/72 P-38 完成!

さてさて、

ハセガワ製、1/72 P-38ライトニング、完成です!

DSC04026.jpg

DSC04027.jpg

DSC04016.jpg

DSC04017.jpg


いやぁ~、カッチョエエ!

双発双胴の特異なフォルムながら、洗練されたスマートな機体、しかもそれが銀塗装で五芒星つけてるって・・・

カッチョエエ!


DSC04022.jpg

DSC04024.jpg

もうね、テンション上がりっぱなしですw

ブンドドしながらニヤニヤ、今回の銀塗装はかなり上手くいった方だと思ってますしね。

DSC04019.jpg

汚しは最近マイブームになりつつある油彩絵の具で。

乾燥時間が長くてボカしやすく、しかもエナメル溶剤で薄められる手軽さ。

DSC04030.jpg

今回アンテナ線は二股に分かれている(Y字)のですが、それほど苦労せずに張ることができました。

ツイッターの方でも質問頂いたので、張り方置いておきますね。

アンテナ線

分からないところあればコメント欄までどうぞ。

ちなみに線は伸ばしランナーです。


最後にこの間のサンボルと並べて撮影。

DSC04034.jpg

写真だとあんまり違いがないですかね・・・

実物だと、サンボルはかなりつや消し側になっております。

それに比べてP-38のギラギラ感、輝いているにも関わらず、オモチャっぽくないこの感じ。

自画自賛しっぱなしです (;^ω^)


キットの総括としては、組みやすさはそこそこ

モールドは全て凸で、凹モールド派の自分としては、このモールドはあんまり好きじゃないですが、

手打ちのリベットでモチベ回復した感じですね。


そして個人的にポイント高いのは、紙が切れるんじゃないかというほどの補助翼後縁の薄さ

毎回ここはヤスリで削って薄くしているので、元々薄くしてくれているのは嬉しかったです。


逆に、脚格納庫が寂しすぎたというのもありましたね。

モールドはおろか、格納庫の壁や天井、つまり「格納庫」ってのが再現されてなかったので・・・

自分はプラ板で壁と天井を作りましたが。

まぁでも、仕上がりの満足感の前ではそんなことはどうでもいいんですよ。

今回の塗装は色々と楽しかったです。


次回は積みの消化ですかね~

アヴィアの復活もさせないと・・・


では!(*^^)v

スポンサーサイト

1 Comments

リラックマ says..."温故知新として行こう!?"
メタリック塗装も、
ガイアノーツでやったから金属色は
ガイアてまたやりたくなりそうですね?
昔のハセガワですから、
再現がされていないのも特徴ですから…。
昔から、脚収納関係でスゴイのならば、
モノグラム、現在のレベルでしょうかね?

でも、どちらも凸モールドなのが難点!
高くて出来が素晴らしいならば、
海外の最新メーカーに頼ると言う手も?
でも、海外の場合はヤケに高いのは
おかしい?と思ったらレジンパーツが
付いてるから高いってのは良くあります

例としてチェコのメーカーである、
スペシャルホビーがそれに当たります!
チェコのメーカーでズバリ素晴らしいは
やはり、エデュアルドでしょうかね!?
72で新金型でエアフィックスで出せよ
って思いますが、

イギリスでは同じく双胴の機体で任務も
何処と無くそっくりなモッシーがいるから
出るのは難しいかも知れないけどね!?
まずは製作、お疲れ様です!!!!
そしてロールアウト出来て良かったね?
2017.04.29 06:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。