Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

ハセガワ 1/72 P-38 仕上げ

はい、P-38もいよいよ仕上げの段階に入っていきます

まず、この機体は尾翼とプロペラスピナーに赤、青、黄色のストライプが入っているのですが

スピナーのデカールは何とか貼れたものの、垂直尾翼のデカールは古くて割れてしまったので

やむなく塗装で仕上げることに。

DSC04005.jpg

これは途中経過ですが、過去にオール筆塗りを経験しておくと、こういう時にモチベが落ちないのでいいですね。

その後赤を塗り、機番のデカールを貼ったものがコチラです。

DSC04006.jpg

DSC04007.jpg

どうですか!?

スンバらしいギラギラ感でしょう!

コイツを今から汚していきましょう・・・

と言いたいのですが、先ほども言ったように、デカールが古くて汚し塗装に耐えられるか分からないので

ここで一度光沢クリアーを吹きます。

<シューーーー

まぁ、あんまり光沢に差が出なかったので良かったです。ギラギラ感は落ちてしまいましたがw

さて今回も汚しの主役は油絵の具。

エナメル溶剤で溶いて全体に塗り広げていきます。

DSC04009.jpg

今回は黒に少し茶色を混ぜた色ですね。

そしてある程度(ツヤが無くなる程度)乾いたところで、キッチンタオルと綿棒で拭き取っていきます。

DSC04011.jpg

この時空気の流れ、重力の向きに気を付け、そしてパネルラインは残し気味に拭きます。

DSC04012.jpg

その後、重点的に陰影を付けたい所にそのままの絵の具を置き、

綿棒でぼかして仕上げます。

DSC04014.jpg

今回はやりませんでしたが、オイル汚れとかもこれで描けます。

かなり簡単にボカすことができるのでオススメです。

と、いうわけで、次回で完成といたします!

では(^^)/

スポンサーサイト

2 Comments

リラックマ says..."ホント、輝いてますね!?"
もう1あるから片方は
ODとニュートラルグレーの陸軍カラーに
仕上げるのも手かも知れませんね!?
でも、物凄くどちらも濃い色なので
72の機体に施すとおどろおどろしいかも
ジュラルミン塗装が光沢なら、
ODとニュートラルグレーはつや消し?
って思うかも知れないけれど半光沢位に
しておいた方が無難かも知れませんね!?

ライトニングなんか対した事ない!?
って言っちゃったばかりに米陸軍の
パイロット達の怒りを買ってしまい、
最終的には逆転されてしまったからですね
口は災いのもとって改めて感じますよね?

ムスタングもナチュラルメタルが似合うね
mimizukuさんがもし、ムスタングを
入手するならタミヤの限定発売を勧めます
と言うのもキャノピーマスキングが
入っている時があるから!!!!!!
ムスタングと言えばですが、
僕もこの間ですが、
もう買えないと思っていたですね
タミヤの32にも難なく使えますですね
別売デカールが手に入ったのでした…。
諦めずに探してみると手に入るので、
手に入った時の嬉しさはハンパないよね
mimizukuさんに、
アヴィアが売ってるのも教えましたしね!
2017.04.28 20:27 | URL | #- [edit]
supermimizuku says..."Re: ホント、輝いてますね!?"
そうですねー
OD迷彩もいいかもしれないです、格好いいですし。
まぁしばらく作ることはないでしょうけどねw
2017.04.28 21:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。