Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

Revell製 1/72 ホルテンGo229 完成!

というわけで!

ドイツレベル製、1/72、Go229 第400戦闘航空団所属 赤の13番


完成です!

DSC02309.jpg

今回は水性ホビーカラーをメインに使用しましたが、水性カラーの仕様が久々だった故、

完全に納得のいく作品にはならなかったのが残念です。

DSC02321.jpg

機首両脇に搭載されている30mm機関砲は、手持ちの真鍮管に置き換えました。

DSC02312.jpg

計器盤とか、脚の補助柱とか無くしてますが黙ってればバレないはず…(;^ω^)

DSC02313.jpg

手持ち塗料の関係で、アゴ下の黄色、機体後部の無塗装部分はMr.カラーを使用しました。

DSC02311.jpg

裏面も水性カラーです。

DSC02317.jpg

スミイレは、毎度おなじみのタミヤエナメル。

パネルラインは暗めのグレーを、動翼は黒を使用しました。

DSC02314.jpg

後ろから。UFOと見間違いそうな独特の形状が魅力的です。

DSC02315.jpg

横から。あの長大な主翼に比してこの前後のコンパクトさ。

後輪に比べて前輪がやたらとデカいのもチャーミングポイントですかね。

DSC02322.jpg

キャノピーは透明度も高く、合いも良好です。

ただ、形状が形状だけに、コックピット内はそこまでクッキリとは見えないです。

DSC02318.jpg


いかがでしょうか。

ドイツの試作機は見た目がもう変態ですが、私は大好きです。


水性カラーの感覚を忘れていたために、肉眼で見ると割と「汚い」模型になってしまいました。

今回はそこだけが残念なポイントですね・・・・ (-_-;)

全般において使いやすいMr.カラーと違って、

匂いが少なく、換気が少なくて済む水性カラーは真夏真冬に重宝します。是非ともマスターしたいところ。


これで殆ど積みは一掃しましたが、そうですね~・・・

アマゾンで面白い機体を見つけたので、そいつを買おうかと思っています。


では!

スポンサーサイト

1 Comments

リラックマ says..."つかの間の積みプラ消化"
mimizukuさん、
水溶性塗料って使いやすいとか言うけど
塗料として???と思う時もありますから
今回のホルテンは水溶性塗料と
Mr.カラーを使って塗装をしてましたね?
僕の父もかなり前にそれをやってます!

確かイギリスで今は倒産しています、
会社のマッチボックスの72の
モッシーをひと通り作っていざ塗装に
入った時に丁度、クレオスのですね
イギリス空軍特色セットが生産休止中!
下面が黒いタイプのだったので下面は、

クレオスで塗り、
上面はやむなくタミヤの水溶性塗料の
ミディアムシーグレーやらダークグリーン
塗装をしたそうです…。
後から気付いたんだけど、
スプレーの塗料をストローに咥えさせて
塗料カップに入れてラッカーシンナーで
薄めてエアブラシで吹けば良かった!!

父も物凄い焦っていたので、
タミヤのスプレー塗料がラッカー系と
教える間もなくやむなく水溶性塗料を
使って塗装をしていましたからね!!
色を塗る時にももっとリサーチしてから
父に言えば良かったとつくづく後悔でした
2017.01.27 07:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。