Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

ハセガワ製 1/72 B-239 仕上げ

デカール貼りました。

DSC02154.jpg


デカールについては、ノリの部分がかなり分厚いように見えて心配でしたが、

台紙からは剥がれやすく、また柔らかいので貼りやすかったです。

しかしながら、

柔らかいがゆえにデカール軟化剤が効きすぎて、位置合わせ等は逆に難しかった印象を受けました。

実際私は機体右側の撃墜マークを貼りそびれました。



その後ですが、機体が思いのほかカッコよすぎて作業が止まらず、

この後のスミイレ、チッピングの工程を撮影し忘れておりましたので、


次記事でいきなり完成となります。すいません。

スポンサーサイト

3 Comments

リラックマ says..."猛牛の迷彩!!"
バッファローの迷彩が、
如何にもフィンランドの風土をですね
表しているかのような森林迷彩ですね!?
北欧方面はこう言う迷彩を施してるのが
多いのもまた事実ですからね…。
国は違えどスウェーデンでも
似たような迷彩をしていましたから!!
バッファローは整備もしやすかったとか
言われていたような記憶が微かにあります
2016.12.29 11:30 | URL | #- [edit]
supermimizuku says..."Re: 猛牛の迷彩!!"
スウェーデン空軍ですか。作ってみたいですね~
フィンランドと言えばこの三色みたいですね。
2016.12.29 12:09 | URL | #- [edit]
リラックマ says..."バッファローではないけどね"
スウェーデン空軍でも
似たような迷彩も言うのですが
戦後になってしまいますが、
サーブ社のドラケンやビゲン等々の
迷彩をネットで調べてみてね!!
似たようなカラーリングです…。
mimizukuさんなら、
ドラケンやビゲンは好きそうな機体です
2016.12.29 12:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。