Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

KPM 1/72 Avia S-199 油彩ウェザリングに挑戦

こんにちは、雨と聞いていたのにコチラは朝から快晴です。mimizukuです。

今回、アヴィアのウェザリングを油絵の具で仕上げるといいましたが、それには理由がありまして

まずはお時間あればこちらの動画をご覧ください。



スクリーンショット (497)

スクリーンショット (500)

これはある外国人モデラーの方が、自身の製作過程をシリーズ化したもので、

ヴァンパイア以外にも色々と作っていらっしゃいます。

そして、これらの模型に共通して、ウェザリングは油絵の具で済まされています。


どうでしょう?72とは思えない重厚感が出ていると思いませんか?

これに刺激され、今回のウェザリングに油絵の具を選択しました。


まずは油絵の具を探すところから始まるのですが、流石にネットで買うのはリスクが高く(色味が分からないので)

色々な文具屋さんや本屋、イオンの文具コーナーを見ましたが見つからず・・・

最終的に少しさびれた画材屋さんで発見しました。

そして買ってきたのがこの三色。

DSC02767.jpg

結論から言うと、今回黄色は使わなかったのですが、まぁいつか使うでしょう。

そして何より、こいつら高い!一本500円近くします。今回も三本で1300円ほど取られました。

これは値段相応の働きをしてもらわなくては・・・


では作業に入っていきます。

まずは動画を見習って、エナメルシンナーで溶いた油絵の具を全体に塗ります。

DSC02758.jpg

ここでドライヤーの温風をあて、つや消し状態になるまで乾かします。

そしてある程度乾いたところで、キッチンペーパーを使って、パネルラインを残し気味に拭き取っていきます。

綿棒でもいいのですが、試してみるとキッチンペーパーの方がよく拭き取れました。

第一工程の終了時がこんな感じ。

DSC02759.jpg

自然な感じでスミイレ、ウォッシングができました。

DSC02760.jpg

作業中は黒を選ばなかったことを後悔しましたが、こうしてみると茶色で良かったです。

さて、かなりイイ感じに収まったので、ここで終了としてもいいのですが、

今回は練習も兼ねているので、ここからさらに汚していきます。


まずは、パネルラインに沿って先ほどの茶色を筆で塗っていきます。これはチューブから出したままのもの。

DSC02761.jpg

そして、これを綿棒を使って伸ばしたり拭き取ったりします。

DSC02762.jpg

次にハイライトと退色部分の表現です。

今度使うのは白い絵の具。先ほどと同じ要領で、明るくしたい部分に置いていきます。

DSC02763.jpg

今回は動翼のパネルライン間、胴体の背中の部分、前縁スラットに多めに置いてみました。

そしてこれも綿棒で拭き取り。

DSC02764.jpg

どうやら白い絵の具と一緒に、含まれていた溶剤の油を大量に塗ってしまったらしく、ツヤツヤになっていますが、

乾燥したら艶も落ち着くはずです。


そして現時点での仕上がり。

DSC02766.jpg

DSC02769.jpg


ウヒョー!

メッチャ良い感じに仕上がってるじゃないですか!

戦闘機としては少し汚しすぎた感がありますが、練習なので全く問題ありません。

歴戦の機体って感じです。

あとは油絵の具の感想を待って、トップコートを吹くだけです。


…が、この油絵の具というやつが妙に乾燥時間が長く、一晩おいても全く乾いていないというか。

とにかく気長に待つとします。

では!

スポンサーサイト

KPM 1/72 Avia S-199 機体塗装

こんにちは。部活の大会が近いですが明日は部活オフ。

ですので日本橋で行われるコンテストを見に行って、帰りに映画「ソードアートオンライン」でも見てこようと思います。

実を言うと明日行けば二回目なのですがねw


さてアヴィア、機体塗装に入っていきます。

今回はチェコ軍機塗装を選択しました。

デカールを使ってもいいのですが、何となく筆塗りしたかったので、国籍マークは手描きで済ませます。

白塗って~
DSC02637.jpg

青塗って~
DSC02638.jpg

赤塗って~
DSC02639.jpg

仕上がりはまぁいいでしょう。




この作図の仕方をツイッターで質問されたのですが、基本的に中学校の図形の問題みたいなモノです。

説明しやすいと思い、図にまとめてみました。

円の作図改

イスラエル空軍の六芒星もこの手法を応用しています。

分からないところがあればコメント欄までどうぞ。




さて、動翼関係のパーツは元の位置に接着します。

エルロンは左バンク、フラップ類は下げ位置で固定しました。

DSC02642.jpg

さらに、エレベーターも機首上げの位置で固定しています。

DSC02643.jpg


そして本題、機体の塗装色ですが、

まず、キットの指定はRLM02グレーで、ドイツ機の脚格納庫とかに使われてたと思います。

ただ、これをビン生で塗ると、かなり色が濃いというか緑が強いというか。

一言でいうと、「イメージと違う」んですよね~

ですので、またしてもネットで情報収集しますと・・・


・・・う~ん。画像によって色味がかなり違う。

どうもフラッシュの有無や角度、その時の照明の関係でかなり写り方が違うみたいです。

これはもう、自分のイメージで塗ってヨシ!ってことですね。


まず、ベースはRLM02で決定。

次に、色が濃いという事で、白を混ぜることに。

最後に、このままでは(作業が)物足りないと思ったので、エアスペリオリティーブルーを少し足しました。

比率は、RLM02:キャラクターホワイト:エアスペリオリティーブルー=5:3.5:1.5てなところでしょうか

ご自身で調合する際はお好きなようにどうぞw


さて、そうして出来上がった塗料で機体を塗装しましたが・・・

DSC02749.jpg

DSC02750.jpg


まったく写真に写らない!

どういうことか、プラの成型色と変わらないような色として写ってしまうようです・・・

肉眼で見た限りは悪くないんですがね~


続いて、機体のパネルラインに沿ってシャドーを描き込んでいきます。

今回の塗装色はRLM02をかなり白くしたものですので、ビン生のRLM02でシャドーが描けるはずです。

早速、RLM02をシンナーで薄めてパネルラインに沿って塗ってみました。

DSC02751.jpg

DSC02752.jpg

はい。中々いいんじゃないでしょうか。

相変わらず色写りは悪いですが・・・


基本塗装はこれにて終了です。

この後、デカールを貼って汚し塗装に入ります。

今回は油彩ウェザリングに挑戦するつもりですので、油絵の具も買ってこないと・・・

では!

KPM 1/72 Avia S-199 コックピットと機体工作

明日で長くて短かった二年生も終わり、mimizukuです。

ホント色々なことがあったのに、これほど早く過ぎた一年間があったでしょうか(いや、ない)

思い返せばキリが無いですね。

そんなことは置いておいて、アヴィアのコックピットを進めます。


まず悩んだのが指定色。

説明書にはブルーグレーとの記載がありましたので、適当にネットで探すことに。

cockpitrightpanel-vi.jpg

ほほう・・・こんな感じか。

写真は、埃のせいで実物より白く写っていると仮定。

手持ちの色を混ぜてそれっぽく・・・

DSC02618.jpg

いかがでしょう?少し鮮やかすぎた気もしますね (;^ω^)

まぁ、鮮やかと言えば日本海軍の青竹色も大概だと思うので、これもアリでしょうw


で、パーツを色々とくっつけてコックピットは終了。

DSC02620.jpg

DSC02621.jpg

エナメルでウォッシングして若干暗くしてます。

そんでもって十の字。

DSC02623.jpg

と、いつもならここで塗装に入るのですが、今回はある衝動が抑えきれなくてですね。

DSC02624.jpg

こんな感じで

DSC02625.jpg

補助翼を切り離して、駐機状態を少しリアルにすることに。


マスキングテープで仮組みしてみるとこんな感じ。

DSC02626.jpg

うむ、中々よろしいんじゃないですか?


そして、機首下面のオイルクーラーのパーツがただの箱でしたので

DSC02627.jpg

少し彫刻刀で掘り、黒を塗っておきました。

DSC02629.jpg


さらに、今回はスピットファイアでの反省を活かし、パテの使用量を抑えるため

機種上面にできた隙間はできる限りまとめて、プラ板一枚で対処できるようにしました。

DSC02634.jpg

DSC02640.jpg

プラ板の厚さは1mmです。パテよりはるかに時短で楽ですね。


次回から塗装に入っていきたいと思います。

ああでも課題を終わらせなくては。

では(^^)/

KPM 1/72 Avia S-199 製作開始!

こんにちはmimizukuです。

この間、ヨドバシカメラのネットショッピングサイトで、気になっていた機体を探しておりましたら・・・

売り切れ

売り切れ

こっちも売り切れ!


そう、最後に見てから一か月程の間に全て売り切れてしまっていたのです。

途方に暮れているところへ、思いもかけないタレこみ情報が・・・

「これこれのサイトで売ってるよ~」

・・・見に行かなくては!


で、買ってしまいました。

DSC02615.jpg

KPモデル製、1/72 アヴィア S-199 です!

こちらはこの間作った、イスラエルスピットと同じメーカーの製品。期待値は高いです。

DSC02616.jpg

塗装図にはイスラエル空軍のみならずチェコ空軍のマーキングまで!

これは悩みどころです。


機体塗装に用いる塗料、コックピットに使用する塗料が悩みどころですが、

ネットで情報を集めて頑張ろうと思います。


今回は短めですがここらで終わります。

次回はコックピットから。

では!

Airfix製 1/72 デファイアント 完成!

Airfix 1/72 デファイアントMk.1 第264スコードロン "PS-M" 完成です!

DSC02678.jpg

前述の通り、キットはAirfix、イギリスのメーカーのキットです。

スピットに続いて二機目の外国製キット。

DSC02680.jpg

パーツのフィッティング、分割共に申し分なく、とても良いキットでした。キャノピーを除けば。

DSC02679.jpg

塗装は全てMr.カラーの筆塗り、マーキング類も全て手描きです。

また、機体に関してはイギリス空軍機用の特色セットを用いました。

DSC02681.jpg

太陽光だと少し分かりにくいのですが、エナメルのバフを用いて激しめに退色。

しかし、この方法はどちらかと言うと「埃をかぶったような」印象になります。

DSC02682.jpg


今回、昼間に完成し、丁度天気も良かったので太陽光を用いて庭で撮影しました。

デファイアントはそれほど酷使されていなかったようで、激しめの退色とは矛盾しますが塗装剥げは控えめに。

裏面はこんな感じ。

DSC02696.jpg

パネルラインに紺色を塗装してから、それを残すように下面色を塗装しました。


排気管はダイソーのパステルを削ったものを擦り付けました。粉っぽい質感が何とも言えませんね。

DSC02694.jpg

足回り、主脚側のカバーは外周を薄く削り込み、胴体側の主脚カバーは0.3mmのプラ板で置き換えました。

また、アンテナ線は機体下部に張られていますが、伸ばしランナーを使用しています。

DSC02697.jpg


個人的に好きなアングル。斜め前方からのアオリです。

DSC02707.jpg


箱絵が格好良かったので、額縁に入れて飾ってしまうことに。

DSC02723.jpg



最後に、PS-M機に搭乗して戦死された勇敢な二名の戦士に敬意を捧げ、デファイアントは完結といたします。

(操縦士:ゴードン・E・チャンドラー氏、機銃手:ダグラス・L・マクリーシュ氏) 


では!

Airfix製 1/72 デファイアント 細部塗装

デファイアントもいよいよ完成間近ですね。

細部塗装とはいえ、実質「完成記事までのワンクッション」みたいな記事だと思ってください(-_-;)


取り敢えず主翼、胴体共に塗装を終えました。

DSC02666.jpg

フィンフラッシュ、尾翼のストライプですが、これの水色は空自の洋上迷彩色に少し青を混ぜました。

思いの外ピッタリです。

そしてコードレター。

チマチマと修正を重ねていましたが、ここらで妥協することに。

右側面

DSC02667.jpg

左側面

DSC02668.jpg

このコードレターについてですが、フォントは機体毎に異なる様子です。

同部隊内でも異なりますので、恐らく、その機体の整備班が各々描いたものでしょう。

個人的には左側面の方が上手くいったと思います。


次に排気管。

資料を見るとかなり赤茶色になっていましたので、昔IS-2のウェザリングに用いた100均のパステルを使うことに。

DSC02673.jpg

んで、今回使うのはこの色です。

DSC02675.jpg

実物はかなりオレンジ色をしていますが、これくらいが丁度いいでしょう。

排気管に黒鉄色を塗装し、乾燥したらこの粉をこすりつけます。

DSC02672.jpg

写真だと分かりにくいですが、かなりイイ感じに錆びた感じが出ました。

ただ、この上からクリアーを吹くとどうも粉っぽい質感が消えるようで、クリアーは吹かない方が良いと思われます。


そしてその後、前作スピットと同様、黒を混ぜたもので影を、白を混ぜたもので退色を施し、

エナメルのブラック及びグレーを用いてウォッシングまで終えました。


翼はこんな感じに。

DSC02671.jpg

うーん・・・

確かに汚れはしましたし、陰影もつきましたが、どうも重々しさが無いなぁと。


ここでツイッターにて、エナメルのバフを用いた退色を紹介されまして、

丁度手元にバフがあったのでやってみることに。


ペタペタペタ・・・


・・・さっきよりは良くなったかな。

あとは銀ハゲを描き、デカールを貼ってクリアを吹けば完成です!

次回は完成記事にします。


では!

Airfix製 1/72 デファイアント

さぁ春休みが近づいてきました、mimizukuです。

いよいよ大学受験が視野に入ってきた今日この頃。模型は息抜きと現実逃避にピッタリですね。


さて前作スピットファイアの影響で長らくほったらかしにされていたデファイアントですが、

今日は記事の方を更新していきたいと思います。


まず初めに、このキットについて個人的に嬉しかったポイントを。

今回、マーキングの描き込みを容易にするため、敢えて主翼と胴体を接着していませんが、

これを決定した理由の一つにエアフィックスの素晴らしきパーツ分割がありまして。

まずは写真をご覧ください。

胴体と主翼パーツ。

DSC02492.jpg

これをカパっと嵌めて・・・

DSC02493.jpg

カパっ

DSC02494.jpg

どうでしょう?上から見たとき、全く隙間が無くなるのです。

胴体パーツに主翼の一部分を一体化させている日本製キットに対し、

胴体と主翼を完全に分割し、さらに上から隙間が見えないこのパーツ分割。


タ○ヤ、ハセ○ワ、その他諸々の日本メーカー様、

新金型を開発する際は是非この手法を採用していただきたい!



何はともあれ、フィッティングの良さに加えて、こんなところを見せられたら惚れ直しますよw


さて話はコックピット関係に移ります。

まずは後部銃座から。

内装は適当に塗り分け。どうせよく見えなくなるんでしょう。

DSC02646.jpg

がしかし、ある意味予想を裏切ってくれたこの透明度!

何ですかこれ、氷かガラスですかw

DSC02645.jpg

いやもうビックリです。早速面相筆で塗っていきますよ!

ペタペタペタ・・・

・・・

むむぅ、これは・・・

DSC02644.jpg

窓枠のモールドがぬるすぎて、どこで塗り分けたらいいのかサッパリ分からない・・・

仕方がないのでマスキングテープに頼ることに。

DSC02647.jpg

DSC02652.jpg

これまた「デザインナイフで直接切り出す」方法が使えないため、テープを細く切って貼り付けることに。


…めんどくせぇ~!!!


しかしまぁ、苦労の甲斐あって、仕上がりはまぁまぁ満足のいくものに。

DSC02654.jpg

ターレットの内部も意外と見ることができて満足です。大した工作してないですがw

操縦席風防も取り付けてみます。

DSC02655.jpg

まだ所々タッチアップが必要ですが、一応納得のいく出来に。


マスキングテープは貼り付けや切り出しこそ面倒なものの、

いざ貼りつけて用意さえ終わらせることができれば、筆で出せない直線が楽に出せるのでイイですね。

これからも必要に応じてテープも使おうと思いました (;^ω^)


さて今回はここまで、次回から仕上げに入っていこうと思います。

では (^^)/

積みの更新

なんと、この間プラモを買った我がmimizuku空軍工廠に

更に模型が増えました!

DSC02651.jpg

これら、このブログに毎回コメントを残してくださっているリラックマ様から頂いたものですが、

想像していたよりかなり多くのキットが入っていて感激しております。

キットのみならず世傑、フィンランド空軍についての書籍まで…

ありがとうございます!

私の積みキット棚が満杯になりましたw


・・・今月の中旬には予約購入していたブルーステルのコンボキットが届くのに・・・


まぁ頑張って消費していきたいと思います。

これで秋のコンテストには不自由しないかな。

では!


P.S.リラックマ様毎回コメント返信できなくてすいません、一応読んではいるんですが…

第16回 タミヤワールドモデラーズコンテスト 後篇

今日含め四日間、入試休みが残っております、mimizukuです。

昨日は本当に楽しかったです。

朝、開店した後に会場であるジョーシンにてフォロワーさんと合流。

otsuさん(@Sou002azOtsu)、てゐさん(@TakenMiriPura)、ゆめのさん(@yumenosaki_166)の御三方が来てくださいました。

最初はゆめのさんはいらっしゃらなかったので、先に結果発表を見に行くことに。



なんと!

私の作品が!

…まぁ選ばれてなかったですw

フランカーはともかく、サンダーボルトは結構自信あったんですけどね~

どうも飛行機の単品で賞を獲るにはかなりの腕が必要な印象。インパクトが足りなかったですね。


しかし、てゐさんの作品の一つが佳作に入賞しておりました。

C6rrsiiU4AAdlfF.jpg

おめでとうございます!

この方は以前の秋のコンテストでもお会いしましたが、とにかく精密なディテールアップをされます。

方法を聞いたら一言、「伸ばしランナーで大体イケます」

そりゃないぜとっつぁん・・・

今回のジオラマも、空母はフルスクラッチ、艦載機のウエポン類は伸ばしランナーとプラ版で自作したそうな。

いやはや、お若いのにお見事です。(まぁ俺も若いっちゃ若いんですが)


他にはotsuさんの作品群。

C6rt34JVAAA8gNh.jpg

C6rt34KUwAAqcSl.jpg

コチラは賞からは外れてしまいましたが、どちらも迫力のある作品でした。

ヘリの低空飛行時に巻き上げられる砂埃、今後のジオラマの参考にしたいと思います (^^)

このジオラマは支柱が不安定で心配されていたのですが、壊れていなくて良かったですねw


続いてゆめのさんの作品。

C6i06mrVAAA2aah.jpg

私は戦車はちょっと詳しくないのですが、表現は参考になるはずとたまにAM誌買ったりもしてますw

この方はシャーマンが好きな方のようで、このコンテストでもシャーマン(なのかな)を出品されていました。

コチラも残念ながら選考からは漏れてしまいましたが、戦争の最中を進軍していく様子がよく表現されていると思います。

情景に看板や柵などを入れるのもありかなーと思いました。


因みに自分は今回自信が無かった(というより近くで見られると粗がでる)ので、

ショーケースの中に飾らせていただきました。

ちゃっかりツイッターのスクリーンショットを置いて宣伝する意地汚さ・・・(;^ω^)

C6i12jkU8AA3V_F.jpg

今度は堂々と真ん中に置ける出来に仕上げたいですね。


さて、その後ゆめのさんと合流、オススメのカレー屋さんに行った後、模型屋巡りに連れて行ってもらうことに。

一通り見てから、3時からの表彰式に参加。

作品ナンバーで行う抽選会の為に二作品出品したのですが、どちらも外れてしまいました。

ガツガツ行くと逃げるものですね(-_-;)

otsuさんは紫電11型を当てていらっしゃいました。


その後、作品を抱えながらお買い物、解散後はてゐさん、otsuさんとヨドバシに寄って帰りました。

家に帰ってカバンを開けると・・・

DSC02610.jpg

あれ?

何で模型がこんなに入ってるの?無意識に万引きでもしたかな

財布の中身は・・・

減ってる!


じゃぁいいか。

というわけで、積みを増やしたmimizukuでした。

おしまい。

第16回 タミヤワールドモデラーズコンテスト 前篇

はい、今日、そして木曜日まで、私mimizukuは入試会場の関係でお休みです!

そして、こんなグッドタイミングで今年のコンテスト

第16回 タミヤモデラーズコンテスト が、開催されます。

というか、現在進行形でされています。

場所は大阪日本橋、ジョーシンスーパーキッズランドの本店です。


このコンテストと言えば、去年私が1/48のゼロ戦を使って坂井三郎氏のジオラマを作り、出品した事がありました。

DSC01662.jpg

まさか賞を頂けるとは予想もしていなかったので凄く驚いた記憶があります。

さて、今回の出品作品はコチラ。

1/72 Su-27 B2 シーフランカー です!

DSC02604.jpg

塗装は全筆塗り、日の丸も塗装です。

塗料はMr.カラーの洋上迷彩特色セットを使用しました。

DSC02605.jpg

筆ムラを消すほどのモチベーションが無かったので、退色と汚しで誤魔化してます(-_-;)

DSC02606.jpg

モチベーションと言えば、下面はさらに適当で、日の丸も描いてないんですよね~

てなわけで、今回はアップしません。 会場でも下面見ちゃダメですよ~w

DSC02608.jpg

水面下でこんなもの作ってたんですね、ビックリです。

そしてこのキット、何を隠そう、前回頂いた賞品です!

前述のとおり、モチベーションが全く上がらなくてずっと積まれていたのですが、やっとこさ完成です。

それでもこんなに格好良くしてくれる洋上迷彩と日の丸は大好きです!


さて今回の出品、これ一つでは無くてですね・・・

といっても、ここ最近タミヤ製品を作ってなかったために、過去作のコイツを連れていきました。

1/72 P-47D サンダーボルト です!

DSC02192.jpg

このコンテスト、タミヤ製品またはイタレリ製品しか出品できないんですよ、というわけでサンボルをチョイス。

中々の自信作だったので、皆様に見て頂くことができて嬉しいです。


繰り返しますが、会場は大阪日本橋、ジョーシンスーパーキッズランド本店です。

期間は日曜まで、お時間があれば是非足を運んでみてはいかがでしょう?

拙作だけでなく、私のフォロワー様、その他様々な方々の素晴らしい作品が出品されています。


それでは、また明日、事後報告とさせていただきます。

では!

該当の記事は見つかりませんでした。