Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ製 1/72 He-111 Z-2 搭乗員と迷彩塗装

と、いうわけで久しぶりのツヴィリング。

前回言った通り、搭乗員の製作です。

ハセガワから出ている、1/72の搭乗員フィギュア(日、独、英、米)を使用しますが、

日本とドイツ、英国を基本的に使いました。

IMG_20160820_2212310010.jpg

こちらは落下傘ベルトを適当にプラ版で作成。

正直、キャノピーかけるともう見えないです。

IMG_20160822_2321570011.jpg

それから塗装。

IMG_20160823_2155140012.jpg

向かって左手の爆撃手/航法士が、航空チャートを広げているポーズで固定しました。


それから機体の塗装ですが、

冬季迷彩ということで、ライトブルーのまだらが入っており、塗り分けが面倒そうなので先に塗ってしまいました。


IMG_20160910_212910.jpg

後から考えれば要らない措置だったな~(;^ω^)

その後裏面をフラットブラックで一色に塗装。

IMG_20160908_2238370015.jpg


上面はマスキングをして、ブラックグリーンを塗装。

IMG_20161002_0703100002.jpg

IMG_20161002_0836310003.jpg


その後もう一色の方で塗装しました。

IMG_20161011_2355560005.jpg

IMG_20161013_2303430006.jpg


次は、迷彩のぼかし塗装について考えます。

では。

スポンサーサイト

川崎重工創立120周年記念展 見に行ってきました!

今日から約1か月間、11月3日まで開催される、川崎重工創立120周年記念展を見に行ってきました。

CIMG00170001.jpg

概要はこちらからどうぞ。

というわけで、写真多めで行きますよ~っ

まず入ったらお出迎えしてくれるのが、川崎 三式戦闘機 飛燕二型 です。

CIMG00380006.jpg

CIMG00410008.jpg

CIMG00280003.jpg


何にビックリしたって、その大きさと迫力!

1/72をチマチマ机の上で作ってるのとは全然違う印象です(当然か)


この飛燕は「できるだけ実機に近い状態で」というコンセプトで展示しているらしく、

日の丸のマーキングはシートを貼ったもので、展示後には剥がされるそうです。


その他にも、オイルクーラーや

CIMG00250002.jpg

ハ140発動機に

CIMG00340004.jpg

エンジンの過給機(これは飛燕のものではないようです)

CIMG00360005.jpg

更には計器盤まで復元されており、

CIMG00400007.jpg

大戦機モデラーとしてはもう、ウハウハです (*'▽')

実際、飛燕が目に飛び込んできた時は表情筋が緩みっぱなしでしたw


更になんと、こんなものまで!

CIMG00420004.jpg

乗るしかないでしょう!

CIMG00440009.jpg


うはぁぁぁぁぁぁぁ^~ (*´▽`*)

コックピット自体は簡素な作りだったのですが、操縦桿、フットバーが一応再現されており、

射撃ボタンを押すともう気分はパイロットですよ!(どこの広告だ)

どちらかというとコックピットの狭さを体感するセットだったのかもしれませんがね。とにかく満足です。


そのあと二階に上がって写真を撮り、

CIMG00490001.jpg

CIMG00520002.jpg


お土産屋コーナーでこんなものを買ってきました。(自宅で撮影)

CIMG00580001.jpg

CIMG00590002.jpg


何買おうかなーと思って歩いて、レジの横に置いてあるこの本を手に取って、

一目見た瞬間買おうと思いました。一目惚れってやつですかね。


そのまま後ろ髪を引かれる思いで会場を後に。

友達と二人で行ったのですが、いやぁ、

テスト勉強を犠牲にして遊びに行った甲斐がありました。

…実物大の戦闘機がこんなにも迫力があって力強いものだとは思いませんでした。

展示期間はあと約一月、皆さん是非行ってみてください。入場料無料ですよ!


では!

FineMolds製 1/72 Bf109 G-6 完成!

いやはや、今回は超特急で仕上げてしまいました。

記事三回分です、急ぎましたよ。

というのもですね、今晩からアニメ「ストライクウィッチーズ」の続編?第三期?

「ブレイブウィッチーズ」が放送開始なのです!

d999bdf6.jpg


これに間に合わせるためだけに作りましたから(;^ω^)

というわけでロールアウト式典BGMは、

サーニャ・V・リトヴャク&エイラ・イルマタル・ユーティライネンで『Sweet Duet』です!




DSC019850007.jpg

プロペラスピナーの塗り分けはフリーハンドで。

DSC019820004.jpg

国籍マークは「スオムス」という国のエンブレムです。

劇中での架空の国ですが、現実世界でのフィンランドに当たります。

DSC019880010.jpg

フィンランド語で「フィンランド」は「スオミ」と発音するようです。似てる?

DSC019800002.jpg

DSC019860008.jpg

パーソナルマークは黒狐をモチーフにしているようです。

DSC019890011.jpg

フリーハンドでキャノピーを塗り分けると、塗装の段差がなく綺麗に仕上がりますね。

DSC019920014.jpg

タイヤはグレー系エナメルでスミ入れしました。

DSC019910013.jpg


いや~、メッサーはやっぱりカッコいいですね!

マーキング等も思っていたよりうまくできました。

とても組みやすいキットでしたが、如何せん値段が…

しかしまぁ国内で1/72でメッサーを出してるのがファインモールドさんだけなのでね、買う価値はあるのではないでしょうか

ハセガワタミヤもメッサーのバリエーション増やしてくださいよ~


さぁ後はブレイブウィッチーズの放送を待つのみ!

とはいえ自分の住んでる地域ではまだ放送されませんが…

ともかく楽しみです(*^^)v


最後にこの間のスピットたちと記念撮影。

DSC019950017.jpg


作ってないのはアメリカ機だけになり…

これで残る罪プラもHe111zだけとなりました!積んでないケド


では(・ω・)/シ

FineMolds製 1/72 Bf109 G-6 色塗り~

というわけで塗装していきます~

目標はこんな感じ。

img_4.jpg

この女の子が履いている機械が、いわゆる「ストライカーユニット」というやつです、

劇中では「メッサーシャルフ Bf109」となっております。

もちろんモデルはメッサーシュミット Bf109 ですよ!


で、色の作成。

手持ちの色を混ぜて作ってみました。

IMG_20160920_0918480007.jpg

下面色は②を採用しました。


で、塗装法ですが、今回は新技に挑戦します。

IMG_20160920_0836470006.jpg


パネルラインを黒く塗ってから塗装して、ラインを強調しようという魂胆です。

というわけで一回目塗装。
IMG_20160924_2012520009.jpg

ラインを残しながら2回目塗装。
IMG_20160924_2136130010.jpg

これを繰り返して、最後に薄めた塗料を一度塗り、黒のラインを馴染ませてみました。
IMG_20160924_2154040011.jpg


どうでしょうか?割と自然な感じでラインが強調されてる気がしませんかね?

初めてにしては上出来だと思っています (*^^)v


機体側面のマーキングは面相筆を使って基本フリーハンド塗装です。

IMG_20160927_2248170014.jpg

機首側から順番に、
①パーソナルマークの「ダイヤのエース」
②パーソナルマークその2
③機体番号
④スオムス空軍国籍マーク              となっております。

国籍マーク以外はフリーハンドで、円はダイソーのサークルカッターで切り出しました。


そしてキャノピーを塗り分けて、機体の塗装は終了です!

IMG_20160925_1739480012.jpg


今回はマスキングが面倒だったので省きました。

黒を塗装してから、機体上面色を塗装することで、窓枠の表裏の色を変えました。

最近よく使う手法です。


次回ロールアウトです。

それではお楽しみに!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。