Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FineMolds製 1/72 Bf109 G-6 製作開始!

IMG_20160918_1755000001.jpg

買っちゃいましたファインモールドメッサー。

この間日本橋に、コンテストの申し込み用紙を取りに行った際になぜかカバンに入ってました

代わりに財布からお金が消えていました・・・


今回フィンランド空軍仕様ということですが、またしても正規塗装では作りません!

今回はアニメ「ストライクウィッチーズ」より、エイラ・イルマタル・ユーティライネン少尉をモチーフにしたいと思います。

eira011.png


そもそもこのエイラさん、モデルがフィンランド空軍のエイノ・イルマリ・ユーティライネンとなっております。

「無傷の撃墜王」として知られ、94機を撃墜しておきながら、一発しか被弾しなかったという超人です。

だからこそのフィンランド空軍仕様、デカールはもちろん使いません (;^ω^)


というわけで組んでいきます~

IMG_20160918_2237550002.jpg

ランナーはこんな感じ。パーツの凹モールドは相変わらずでございます。

きっと組み合わせもいいんだろうな~

と思ったら!


IMG_20160918_2301210003.jpg


えぇ・・・ ファインモールドさんどうしちゃったんですか

まぁこれは個体差でしょうしね、力技で修正して次へ行きます。


搭載の液冷エンジンは黒に銀色でドライブラシ。どうせ見えないんですが・・・

IMG_20160919_0013190004.jpg


で、一気に士の字まで持っていきました。

IMG_20160919_0042390005.jpg


さぁ次はお楽しみの塗装です。

どんなカラーリングにしようかな~


では(/・ω・)/

スポンサーサイト

ハセガワ製 1/72 スピットファイア Mk.Ⅶ 完成!

というわけで、

ハセガワ 1/72 スピットファイア Mk.Ⅶ "SOS団” 完成です!


DSC019550002.jpg

DSC019570004.jpg

DSC019560003.jpg

キャノピーは指定色で塗装しましたが、かえってアクセントになっていいと思います。

プロペラも適当に似合いそうな色をチョイスしました。

DSC019610008.jpg

ウェザリングには相変わらずタミヤのウェザリングマスターを使っています。効果絶大です。

DSC019630009.jpg

マーキングの縁の処理は甘かったかなと反省。少しガタつきました。

DSC019580005.jpg

DSC019640010.jpg

機体裏も適当に汚して終わりです。

田中式より自己流の方が綺麗に塗れてるんじゃないかと思ったりしちゃったり。

馴れてる方法がいいのかな?


今回から撮影の背景に画用紙を採用したので、今までより綺麗に撮れたのではないでしょうか。

もしかしたらこれで若干腕前に補正かかってるかも?(;^ω^)


さぁ、一機完成しましたがまだ積みはありますし、模型コンテストもありますので、

このペースでどんどん作っちゃいましょう!

ハセガワ製 1/72 スピットファイア Mk.Ⅶ 機体塗装

さて、He111z製作の気分転換にスピットの塗装をしてみたので報告します。


まず裏面塗装ですが、これは72番のミディアムブルーを使用しました。

毎度おなじみの田中式塗装で仕上げていきますが、識別用のストライプは塗装するので塗装せずに残しておきます。

ここはあらかじめカッターナイフで境界を下書きしました。

IMG_20160714_184107.jpg


その後、白帯、黒帯の順番に塗装していきます。

IMG_20160718_183640.jpg
IMG_20160718_195213.jpg

カッコいい~、ノルマンディー参加機の醍醐味ですねこの帯は (*'▽')

ここら辺からニヤニヤしだすmimizukuですが、グッとこらえて上面のSOS団エンブレムに入っていきます。


SOS団のエンブレムですが、背景が白ですので、まずはサークルカッターを使って円形マスキング。

その後艶消し白で塗装していきます。

そこからお絵かき。

IMG_20160720_205414.jpg

そして塗装完了の後にテープをはがすとこんな感じになりました。

IMG_20160720_221833.jpg


ここから機体上面塗装ですが、いろいろ考えた結果、アニメと同じ赤色で塗ることに。

3785850.jpg ←アニメ内でのハルヒ艦

選んだのはMr.colorのRLM23レッドです。

コイツは田中式塗装ではなく自己流塗装で。

細い平筆を使って、薄めた塗料を6回ほど重ね塗りしました。

IMG_20160915_2316240001.jpg


後はウェザリングしてデカール貼ってクリアー吹くだけ!

次回で完結です。でわ(/・ω・)/

ハセガワ製 1/72 He-111 Z-2 モータライズ化

というわけでこいつのモータライズ化について説明していこうと思います。

初めての試みなので若干グダりましたが・・・


写真をどうやら削除してしまったようなので、先ほど描いた絵で説明していきます。

まず使用するモーター。

アマゾンで買いました。

モーター

こんな感じです。

そしてその他のパーツ。

真鍮管とABSパイプ、そしてプラモデルの部品です。

パイプ

エンジン


ただ問題は、最初にモータライズを計画していなかったことで、工作が難航するかと思われましたが、

思いのほか奇跡的にすんなりとモーターがセッティングできました。

完成形はこんな形になります。

IMG_20160815_2321570001.jpg

図で説明するとこう。

完成形


モーターとプロペラ軸との接続に真鍮管を、プラモデルとモーターの接続にABSパイプを使用しています。


そしてこいつらを並列に5つつなげ、プロペラを取り付けるとこういった形になります。

IMG_20160820_2210480002.jpg


これでモータライズ化は完了。

基本工作は大体終了ですが、次は上の写真にも写っております、搭乗員を作っていきたいと思います。

では。

ハセガワ製 1/72 He-111 Z-2 胴体組み立て

お久しぶりです。

怒涛のように流れ去った夏休み。関東の方では雨が凄かったらしいですが、こちらではあまり降らず・・・

警報で学校が休校になるとかいうサプライズイベントもなかったわけで。


そんなこんなで、夏休み中にくみ上げるとか大口叩きましたツヴァイリンクはまだ完成しておりません。

というわけで製作していきます。


前回の記事に書いたように、パーツの合いの良さはピカイチなので、あっという間にメザシが二匹・・・

DSC017950002.jpg


メザシでもないか。

で、この後、中央翼と左右の翼を組み立て。これもほとんど隙間はできませんでした。

IMG_20160723_1145580006.jpg


左右の翼は取り外し式にしております。コンテスト出品による運搬を考慮してです。

操縦席も特にディテールアップはしません。

というのも、ここに操縦者を4人乗せる予定だからです。

DSC017960003.jpg


エンジンは当然5発。

ここでは予定していませんでしたが、モータライズ化することに。

IMG_20160723_1121000005.jpg


それでは今回は短いですがここまでで。

次回はモータライズについてまとめます。

では。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。