Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

ハセガワ製 1/72 モスキートFB Mk.Ⅵ 塗装始め!

はい、お久しぶりです。

山と積まれた夏休み課題を視界の端に捉えつつ、今日も模型製作しております、mimizukuです。

「山と積まれた」というのは ほぼノンフィクションでございます。はい。


さて、課題にゲリラ戦を仕掛けながら、モスキートの製作に入りましょう。


前回の記事から、キャノピーを貼り付け、キャノピーは機体内部色で塗りました。

そしてその後、機体上面色一色目塗装の一回目です。

IMG_20160717_215144.jpg


最初にキャノピーを機体内部色で塗装するのは、もちろん、内側がその色だからです。

まぁここを黒で塗ってもいいみたいですが。(この場合は単純な透け防止)


で、機体上面色一色目塗装完了。

IMG_20160718_214156.jpg


同様にして、二色目も塗装完了です。

IMG_20160723_194401.jpg

プロペラも塗装しましたが、何とも言えない色でとても玩具っぽい。


そして裏側も塗りました。

IMG_20160723_215356.jpg


さぁ、もうほぼ完成です。

デカール貼ってスミ入れしてクリアー吹いたら終わりなので。

次回で完結させます!

では。

スポンサーサイト

ハセガワ製 1/72 He-111 Z-2 製作開始!


買っちゃいました。ヤツです。

ドイツ空軍を代表するゲテモノ機、

He-111 Z 「ツヴィリング」です!

DSC01785.jpg 


このキットは、一応計画されていた派生型、「Z-2型」つまり長距離爆撃機仕様のキットです。

付属の爆弾は1t爆弾が6発!


開封してみるとこんな感じ。

IMG_20160713_191648.jpg


・・・わかりますでしょうか? 中央に小さく映ってるのが500円玉です。

自分は双発戦闘機以上の大きさの機体を作ったことがないので、前代未聞の大きさです。


仮組みしてみるとこんな感じ。

DSC01786.jpg


比較用に置いた説明書がA4サイズなので、大体のサイズ感が分かるかと思います。

あ、真ん中に置いてるのは6発の1t爆弾です。


そしてなんといっても特筆すべきはそのパーツの合いのよさで、

驚くほどにピッタリと、まさにカチッ、パチッ、っといった表現が最適なほどにすんなりと合ってくれました。

マスキングテープでの適当な組み合わせにも関わらず、です。

DSC01787.jpg


さらにこのモールドの深さ。

基本的に田中式塗装術を真似て塗っている自分にとって、

このモールドは、よっぽどヘマをやらかさない限りは埋まることは無いでしょう。



というわけで、こいつを夏休みを使って組み上げたいと思います。

勿論、英国の二機もです。


でわ (*^^)v

ハセガワ製 1/72 スピットファイア Mk.Ⅶ 搭乗者を造る

さてさて、購入から早くも半年以上が経過していました、スピットファイアですが、

これに涼宮ハルヒを乗せると、言っておりましたが、

はい、やりますよ。


というわけで、72飛燕に乗っていた大日本帝国陸軍の航空兵さんにお越しいただきました。

CIMG6054.jpg よろしくお願いします。

衣服は邪魔なので洗わせていただき、

CIMG6057.jpg

スピット側のスペース上の都合で、右腕と両足を切断。

CIMG6056.jpg

その後再度くっつけて塗装。右腕は作り直しですが・・・

DSC01554.jpg

DSC01555.jpg


いやぁ~、ひどい酷い。

「こんなハルヒは嫌だ」の上位にランクインしそうな人形に変貌してしまいました。


キャノピーは今回はマスキングを使わずに筆塗りしてみました。

CIMG6055.jpg

メリットは特にないです。

そしてコックピットにキャノピーをかぶせてみると・・・

CIMG6063.jpg


・・・相変わらずひでぇや


早速雲行きが怪しくなってきましたが、このまま頑張ります。



ハルヒはいざとなったら降りてもらいましょう。



でわ。 (´・ω・`)

ハセガワ製 1/72 モスキートFB Mk.Ⅵ 製作始め!

大変長らくお待たせしました。

いつぞやの記事
で申しました通り、大分前に日本橋にて買ってきたスピットとのコラボ商品の片方です。

それでは早速組み立てていきましょう。


まずはコックピット組み立てですが、このキットはご覧のようにコックピットが前後2パーツに分かれております。

DSC01742.jpg

DSC01741.jpg


どちらも割と簡素な作りになってます。 (控えめ表現)

取り敢えずはこのまま組み立てる・・・つもりでしたが、これについてはまた後程。


こんな感じで、コックピットに生えてる桁を主翼で挟んで接着します。

DSC01773.jpg


しかし!

主翼の角度を優先すると、凄い隙間が空きました。

DSC01778.jpg

まぁ、自分の決めた角度がダメだったのかもしれませんが、

少なくとも上面の隙間を埋める角度だと「羽ばたいてる」ように見えるので・・・

DSC01780.jpg

毎度のパテ埋めです。ここを削るのは疲れました。


そしてコックピットを眺めるわけですが・・・

DSC01782.jpg


うん・・・

いくらなんでも寂しすぎますよね (;^ω^)

というわけで、タミヤの1/32モスキートの作例やら、ネットで拾った写真やらを参考に適当にでっちあげます。


・・・本当に適当ですが、こんな感じになりました。

DSC01783.jpg

シートやらの色を変更。

機器についてるボタン的なものは、伸ばしランナーをスライスしました。

シートベルトはコピー用紙に着色しましたが、これが意外と扱いやすくて、

個人的にはマスキングテープを使用するよりもいい感じです。

さらに、

DSC01784.jpg


操縦席右側面に計器盤みたいなのを取り付け、もちろん自作ですが。

右座席の下に消火器のような何かを取り付けました。


こんなことなら組み立てる前に手を付けていればよかったと、つくづく後悔しておりますが、

ここでお決まりのあの文句。


ま、キャノピーかぶせたら見えないから。 > (´・ω・`)


・・・まぁ実際これなんですが。

というわけで今回はここまでです。

でわ。

該当の記事は見つかりませんでした。