Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶりにクワガタ採りに行った話。

どうも皆さんお久しぶりです。

はい。そうです。


見事にブログのこと忘れてました。

uzagaotaiou2.png



というわけで、何か更新するネタを探したものの、特になかったので。

思いつきでクワガタ採りに行くことにしました。


といっても、べつにトラップを仕掛けて・・・なんてたいそうなものではなく、

電灯に集まってきて、たまたま落ちた愚かなクワガタムシたちを網に放り込むという作業をしに行ったわけですが。


ところがどっこい、意外としっかりした採集方法のようで、灯火採集と言われる方法だそうです。

灯火採集にもいろいろ方法はあるみたいですが、その中でもおそらく最もで、手っ取り早くて不確実な方法だと思います。


そして意外ととれます。

自宅周辺は田舎の方で(しかし田舎ではない)近くにスーパーとかもあるのですが、自然はそこそこ残っていて。

それゆえカブトムシやらクワガタムシやらカミキリムシやらカメムシがわんさかいるわけですが、

ここらで採れるのはカブトムシ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、コクワガタ、オオクワガタその他みたいな感じで、

とにかく種類は多いです。


中でも最も採れるのがミヤマクワガタ。

今日も、クワガタを採りに行く道中に落ちているところを誘拐してきました。

DSC01305.jpg


ただいまペットボトルに監禁中です。

DSC01307.jpg


一応空気穴はあけていますが、大丈夫かな・・・

友達が一匹ほしいとのことでしたので採ってきましたが、都会ってこういうの居ないから、

見ただけでもテンション上がるんですよね~


それではまた。

プラモの方も頑張ります、と言いたいところですが、夏休みの課題が多いのでどうなるかわかりません。

でわ(;´・ω・)

スポンサーサイト

【Warthunder】Me410のコックピット

そういえば、ただいまプラモの記事の方で組み立てているMe410でしたが、

ダイナミックキャンペーンみたいなので乗ることができたので、画像はります。


全体像

Me410.jpg



コックピット①

Me4101.jpg


コックピット②

Me4102.jpg


ちなみにこちらは50mm砲搭載モデルではないので、自分が作っているものとは違いますが、

コックピットの桁の追加工作いらなかったかも・・・

Me410 B-1/U-4 製作記 どんどん塗っていこう

どうもお久しぶりです。

最近Warthunderの記事が続いておりましたが、Me410のほうも着々と進めております。

とりあえず、スピナーの渦巻きはデカールにしたのですが、

どうもこれがうまくいかず・・・

DSC01289.jpg


マークソフターを塗りながら何度も乾燥させましたが、最終的に左右に違いが出てしまった・・・

DSC01291.jpg


今回は目をつぶることに・・・

それで今度は、機体のマスキングです。

プラモの長さ測って、計算して、コピー。

DSC01293.jpg


クリアファイルに挟んで、マスキングテープを貼り、上からデザインナイフでかるーく。

DSC01295.jpg


DSC01294.jpg



機体上面は、薄いほうの色(グレーバイオレット)を塗り、

DSC01296.jpg


マスキングしたのちに、濃いほうの色(グレーグリーン)を塗りました。


で・・・

マスキングはがしていきます・・・


ぺりぺりぺり (´・ω・`)


おおーーーー

ついでや、キャノピーのマスキングも剥がしちゃえ!


おおおおおーーーーーー

DSC01299.jpg



大戦機のキャノピーは、はがした時の感動が何とも言えないですね。

苦労してマスキングした甲斐がありました。

さぁ、次はモットリング迷彩の塗装です。

ガンバロー!


でわ(^^)/

【Warthunder】D.251 スペシャルミッションについて【コンプリート】

終わりの無いような戦いが終わりました。



ついに成し遂げました、250機撃墜!



いやー疲れた疲れた (;^ω^)

昨日の夜なんかは11時くらいまでやってて、ゲームばっかやってる自分に嫌悪感を抱いたりしましたが。


なんとか終わりました。250キル

で、その結果得た機体がこちら

スクリーンショット (25)


武装は20mm1門、7mmが4丁です。

しかも、20mmの携行弾数60発という少なさ・・・


頑張る価値あったのだろうか


まぁ、大事なのは結果よりも過程です。

おかげさまで、新しい機体を2機、アンロックできました。

666.jpg スピットファイア Mk.Ⅸ

667.jpg ラボーチキン La-5


それに、イギリスに目覚めたかもしれませんw


イスパノ機関砲の当てやすさは尋常ではないですよね。


最後の方は7キル8キル安定してました。(10は無理だった)


多少なりとも腕は上がったかな? とは思います。


動画的には失敗した方が面白かったかもしれませんが、そんなことをするとうつ病になりかけるので・・・

精神的にも成功して良かったです。


四六時中ゲームしてるやつに精神もクソもあるかって話ですが。


取り敢えず今回のまとめ動画です。





プラモの記事は更新できるか分かりません。出来るだけ頑張ります。


でわ。

【Warthunder】スペシャルミッションについて【進捗状況】

昨日お話しした、D251の件ですが、時差の計算を間違えておりました。

タイムリミットは、20日の16時までです。


そして現在の状況、こちら。

スクリーンショット (21)


はい、残すところもあと50機撃墜。

家族からの視線がそろそろ痛くなってきましたが、まだあきらめません。





なんたってあと23時間もあるからね ( ゚Д゚)

【Warthunder】今やってるスペシャルミッション?【D.251】

どうも皆さんこんにちわ。

今日Warthunder起動したらこんなものが・・・

スクリーンショット (15)


これをクリックしたところ、こんなサイトに飛ばされました。

Warthunderの公式ですので、安心して開いてください(;^ω^)

で、内容をよくよく読んでみると・・・


ん?


英語・・・ (いまさら)


英語は大して読めないんですが、その後頑張って解読したところ、


どうやら、「制限時間までに敵機を250機落せ」と書いているらしいです。

そして、250機撃墜することができたならば、フランスのD.521が手に入ると。

D520_sea_920x600(1).png   こんなやつです。


はい、プラモの箱絵みたいですね、部屋に飾りたいです。


そんなことは置いといて、「これ見たことあるぞ、課金機体ちゃうんか」 そんなことを思っているそこのあなた、

ただいま、Warthunderで購入できるのはこれ、

d521


スクリーンショット (16)


D.520というやつですね。自分もさっき知りました。

どう違うんだって言われたらそれは知りませんが、とにかく、数字が一個大きいです



で、問題は、制限時間内に250機の撃墜です。

その制限時間というやつが、グリニッジ標準時で7月20日の午前7時まで、

日本とロンドンの時差は9時間なので、日本時間にすると・・・

7月19日の午後10時。

あと24時間ほどですね、無理ですね



まぁ、動画的には面白そうなのでやってみます。





それではみなさんも頑張ってください。

台風11号やばいですねwww

プラモ作ることも考えたのですが・・・

カラオケに行ってきます。

はい。


プラモ製作記はまた後ほど書かせてもらいます。

【Warthunder】【初心者ゆっくり空戦録第5話】について

こんにちわ、Orzな日記にお越しいただき、ありがとうございます。

動画内で、ハリケーンについて触れたのですが、動画の尺的にすべてを話すのは無理だと思ったのでこういうことになりました。

・・・訪問者数稼ごうなんて思ってません。


では、動画で説明させていただいた分も。

基本的には、ゲーム内での感想とか喋りたいと思っています。

まずはこの機体。


グロスター・グラディエーター

グラディエーター


この機体ですね、ハリケーンの前身となった機体です。

ゲーム内では「グラディエーターMk.Ⅱ」とされています。

BRは1.3、武装は7.7mmが4丁、動画内でも言ったように、対地攻撃に使えなくもないです。

旋回は複葉機としては普通。

ロール軸の旋回はいまいちです。(ゼロ戦より早いかな~くらい)

なので、対地攻撃中に後ろにつかれても、頑張って逃げるか、決死の覚悟で格闘戦するかです。

単葉機には勝てるとおもいます (;´・ω・)

そしてこちらは最近アップデートされた機体、

シーグラディエーター

シーグラディエーター


使ったことないので割愛します。

グラディエーターの艦上機型です。なので着艦フックが付いていますが、大して使ってません。

武装は上と同じ。BRは1.3です。


次、

ホーカー・ハリケーン

ハリケーン1


ゲーム内では「ハリケーンMk.Ⅰ」として出てきます。

武装は7,7mmが8丁、BRは2.0です。

グラディエーターの倍の数の銃で、結構使いました。

旋回性能は、ドイツ・アメリカ機には勝てます。

その他の機体は・・・ 搭乗者さんの腕次第です。

そしてその発展型、

ホーカー・ハリケーンMk.Ⅱ

ハリケーン2


ゲーム内では「ハリケーンMk.Ⅱ」として出てきます。

正直、このハリケーン系列の中では一番使いやすいです。

BRは2.0、旋回性能は、Mk.Ⅰよりは劣ります。

7.7mm12丁という重装備?に、ロケット6発の搭載量。

これで、同ランク戦場に出没しがちなカタリナやB25も瞬殺です。(7.7mmでも羽を折ることはできる。)

ロケットはできる限り近づいて発射しましょう。

おススメは弾丸をステルスにすること。

相手からもばれないので、相手が気づかないうちにキルすることができます。

次は、ハリケーンの艦載機型についてお話しします。

まずはコチラ。

シーハリケーンMk.ⅠB

シーハリケーン1

ゲーム内では、「Sea Hurricane Mk.ⅠB」として出てきます。

旋回速度は、陸上機型のハリケーンMk.Ⅰを若干上回ります。

BRは2.0で、着艦フックもついていますが、これと言って秀でた才能もないのであまり使ってません。


次はその派生型、

シーハリケーンMk.ⅠC

シーハリケーン2

ゲーム内では、「Sea Hurricane Mk.ⅠC」として出てきます。

BRは3.7です。

天下のイスパノ(20mm)が4門付いていて、攻撃力は高いです。

しかし、旋回能力は普通なので、零戦や流星などには手を出さないようにw

基本的に奇襲を狙いましょう。

使いようによっては手強い相手になるかと思います。


そして今回の動画の主役、

ハリケーンMk.Ⅳ

ハリケーン3


ハリケーンの40mm砲搭載型です。ゲーム内では「Hurricane Mk.Ⅳ」として出てきます。

BRは1.7(意外と低い)

旋回戦は止めた方が無難です。

※ちなみに、バレルロールを使えば、96艦戦にも勝てます。

弾丸は直進性には優れており、意外に当たります。

ただし、直進している敵以外は狙わない方がいいです(急旋回で背中が見えた時は別。)

ランク低めの爆撃機とかだったら数撃、軽戦闘機なら一撃で粉砕します。


今回の記事は以上です。

それではみなさん、今後もOrzな日記mimizuku.ch.共に宜しくお願いします。

でわ(*^^)v

Me410 B-1/U-4 製作記 コックピット内部の曇り問題

さて、先週の記事で、コックピットの内側にパテの粉が付着して曇ってしまったと書きました。

アドバイスもいただいたのですが、案外あっさりと解決することが出来ました。

そもそも、もともとの構造はこんな感じです。

分かりにくい図ですが頑張って解読してください (;^ω^)

図1


で、先週に記事を書いた時点ではこんな感じでした。

図2


テニスボールの空気入れとかで頑張って吹いても全然落ちなくて、結構困りました。

そのパテの粉をどうやって除去したかというと・・・

ただの濡らしたティッシュです。

図3


はい、ティッシュをピンセットでつまんで拭くと取れました。

何でこんな簡単なことが思いつかなかったのか・・・

ともかくも一旦は解決です。ありがとうございました。


その後、上部キャノピーを接着。

DSC01284.jpg


個人的には、キャノピーを塗装前に接着するのはあまり好きではない・・・というかしたことないのですが、

前面キャノピーのこと(段差)を考えると、先に接着した方がよさそうだったので接着してしまいました。

すると案の定、機体とキャノピーに隙間ができたので、その太さの伸ばしランナーを作って接着しました。


そして、側面キャノピーも接着、地獄のマスキングを終えました。

DSC01287.jpg


この機体のキャノピーはかなり複雑な構造をしておりましたので、細かいマスキングテープを使ってチマチマと仕上げました。

DSC01288.jpg





次回あたりには塗装に入れそうです。

天気にもよりますが・・・


でわ (;・∀・)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。