Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

積みの更新

なんと、この間プラモを買った我がmimizuku空軍工廠に

更に模型が増えました!

DSC02651.jpg

これら、このブログに毎回コメントを残してくださっているリラックマ様から頂いたものですが、

想像していたよりかなり多くのキットが入っていて感激しております。

キットのみならず世傑、フィンランド空軍についての書籍まで…

ありがとうございます!

私の積みキット棚が満杯になりましたw


・・・今月の中旬には予約購入していたブルーステルのコンボキットが届くのに・・・


まぁ頑張って消費していきたいと思います。

これで秋のコンテストには不自由しないかな。

では!


P.S.リラックマ様毎回コメント返信できなくてすいません、一応読んではいるんですが…

スポンサーサイト

奈良県針道峠 黄鉄鉱採集記!

この間の日曜日、奈良県桜井にある針道峠というところに、黄鉄鉱という鉱石を採りに行きました。

宝石ではパイライトとして知られる有名な鉱石です。

DSC02074.jpg
こんなのが採れます。

インターネット上ではほとんど詳しい行き方が載っておらず、

到着するか心配でしたが何とかたどり着いたので、行き方も掲載しようと思います。

※今のところ採集禁止とはなっていませんが、節度をもって採集することをお勧めします。


予報が午後から雨ということだったので早めに出発、近鉄大阪線の桜井駅に向かいます。

桜井駅の南口から談山神社(だんざん)行きのバスが出ているのでそれに乗って出発。

これが一時間半に一本ほどなので、このバスに合わせて家を出発することをお勧めします。

さてバスに揺られること30分、不動滝というバス停があるのでそこで下車。

運賃は400円ほど、Pitapa等使えるみたいです。


50m程坂道を上がると、左手にこのような道が見えるので、ここを登っていきます。

CIMG0150.jpg


ひたすら、ただひたすらに登っていきます。

途中何度か分岐がありますが、基本的に沢に沿って歩いていきます。

CIMG0149.jpg
例えばここは左。

30分ほどでしょうか、集落を通り歩き進めていくとこのような看板が見えます。

CIMG0147.jpg
車の方はここで止めればいいでしょう。たぶん。

さてここから先もかなりの急斜面を歩くこと約15分、とうとう行き止まりとなりましたが、ここが目的地。

CIMG0134.jpg

目的の黄鉄鉱はこの斜面の一番上にある、粘土の中に埋まっています。

斜面麓にも小さな結晶がごくまれにキラキラ。恐らく流れてきたか、誰かが落としたものでしょう。

さて、上でとった粘土をスーパーの袋か何かに詰め、またさっき来た道を逆戻り。

少し流れのある小川などで、ザルに粘土を入れ、ゆすって洗って見ると・・・

CIMG0137.jpg


この通り、黄鉄鉱が中から沢山出てきます。写真用に採れた黄鉄鉱を全てザルに入れて撮影しました。

ちなみにこの量を集めるのに、普通サイズのビニール袋二つほどの粘土を採集しました。

そしてこれが今日の総戦果です。これを集めるのに2時間ほどかかりました。

え?量が少ないですか?


そういうものですよ。。。

この少しを集めるために苦労する。浪漫以外の何物でもないですよねぇ(-_-;)


家に帰って写真撮影。

これで全部です。

DSC02071.jpg

サイズは一番大きくても7mmほど。小さい結晶の方が形が綺麗だったりします。

DSC02072.jpg

ごくまれに出てくる、虹色の結晶。初めて見ました。

DSC02076.jpg

個人的に今回一番のお気に入りです。まったく表面が錆びておらず、一番きれいでした。

DSC02075.jpg

母岩に小さい結晶が生えているものも出てきたりします。

DSC02077.jpg


いかがでしょう?

注意点としては、斜面がかなり急なうえ、目的地は粘土質になっているので、

くれぐれも汚れていい服、歩きやすい靴でどうぞ。

加えて、同じ理由により、小さい子供は少しキツイかもしれないですね。特に斜面が。

運動部の高校生3人で行きましたが、筋肉痛が酷いです。


しかしまぁ、そこは情熱ですね。興味があれば是非どうぞ。

あ、くれぐれも採集はほどほどに、ですよ。


では(^^)/

Joshinスーパーキッズランドコンテスト準備

と、いうわけで、今週末に迫りました、

第11回スーパーキッズランドプラモデルコンテスト。

やっと梱包が終わりましたので、明日の朝に駅のロッカーに詰め込み、放課後はそのまま日本橋へGO!

出品するのは、つい最近のBf109と、このブログでは完結していないHe111Z-2です。

DSC02017.jpg

DSC02018.jpg

DSC02022.jpg

最近は間に合うかどうかの瀬戸際をさまよっていましたから、何とか間に合ってよかったです。

He111の完成記事は、コンテストから展示品が帰ってきてからです。

では!

川崎重工創立120周年記念展 見に行ってきました!

今日から約1か月間、11月3日まで開催される、川崎重工創立120周年記念展を見に行ってきました。

CIMG00170001.jpg

概要はこちらからどうぞ。

というわけで、写真多めで行きますよ~っ

まず入ったらお出迎えしてくれるのが、川崎 三式戦闘機 飛燕二型 です。

CIMG00380006.jpg

CIMG00410008.jpg

CIMG00280003.jpg


何にビックリしたって、その大きさと迫力!

1/72をチマチマ机の上で作ってるのとは全然違う印象です(当然か)


この飛燕は「できるだけ実機に近い状態で」というコンセプトで展示しているらしく、

日の丸のマーキングはシートを貼ったもので、展示後には剥がされるそうです。


その他にも、オイルクーラーや

CIMG00250002.jpg

ハ140発動機に

CIMG00340004.jpg

エンジンの過給機(これは飛燕のものではないようです)

CIMG00360005.jpg

更には計器盤まで復元されており、

CIMG00400007.jpg

大戦機モデラーとしてはもう、ウハウハです (*'▽')

実際、飛燕が目に飛び込んできた時は表情筋が緩みっぱなしでしたw


更になんと、こんなものまで!

CIMG00420004.jpg

乗るしかないでしょう!

CIMG00440009.jpg


うはぁぁぁぁぁぁぁ^~ (*´▽`*)

コックピット自体は簡素な作りだったのですが、操縦桿、フットバーが一応再現されており、

射撃ボタンを押すともう気分はパイロットですよ!(どこの広告だ)

どちらかというとコックピットの狭さを体感するセットだったのかもしれませんがね。とにかく満足です。


そのあと二階に上がって写真を撮り、

CIMG00490001.jpg

CIMG00520002.jpg


お土産屋コーナーでこんなものを買ってきました。(自宅で撮影)

CIMG00580001.jpg

CIMG00590002.jpg


何買おうかなーと思って歩いて、レジの横に置いてあるこの本を手に取って、

一目見た瞬間買おうと思いました。一目惚れってやつですかね。


そのまま後ろ髪を引かれる思いで会場を後に。

友達と二人で行ったのですが、いやぁ、

テスト勉強を犠牲にして遊びに行った甲斐がありました。

…実物大の戦闘機がこんなにも迫力があって力強いものだとは思いませんでした。

展示期間はあと約一月、皆さん是非行ってみてください。入場料無料ですよ!


では!

英検準2級の面接に行ってきた話

どうも皆様こんにちわ。

学年末考査を目前に控えたmimizukuです。一位狙ってます。

とか言って特にこれといって何もしてない

で、そんな私は今日、友達と三人で英検の準2級の二次試験、つまり、面接に行ってきました。


会場は梅田。これは個人で決められるのですが、梅田にした理由、それは


3月に日本橋で行われるコンテストの申し込みをするためです。

帰りに日本橋によって申し込みを済ませてきました。受付番号は12番とのこと。

速いのか遅いのか(;^ω^)


で、家に帰る途中、外国人の女性が声をかけてきました。

一同「(゚∀゚)キタコレ!!」 ←さっき英語で面接受けた人たち

話を聞くと、道が分からないので教えてほしいとのこと(カタコトの日本語で)

梅田の地図なんて頭に入ってないのですが、取り敢えず出された地図を見ると、自分たちが今向かっているところの近く。

一緒に行くことに。


自分「Ah... We'll go around there. Let's go together.(あ~、自分たちもそこらへん行くつもりなんで、一緒に行きましょうか)」

外国人「??????」

友達「Can you speak English?(英語話せますでしょうか)」

外国人「??????????」

友達「Where are you from?(どちらからいらしたんですか?)」

外国人「ロ・・・ロ、シア?」


ロシアの方でしたか(;゚Д゚)



そりゃぁ英語話せないでしょうねぇ・・・

その後悪戦苦闘すること約20分。彼女を目的地へ案内することに。


いや~疲れた・・・

彼女曰く、「2時間もこの辺うろうろしてたのよ~」←英語みたいなロシア語みたいな感じで

とのことで・・・

仕方ないですよ。日本人でも迷いますよ(田舎者)




ということでした。

でわ(;・∀・)

このカテゴリーに該当する記事はありません。