Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

ハセガワ製 1/72 B-239 完成!

てなわけで、ハセガワ 1/72 B-239 "ブルーステル"

完成です!!

DSC02178.jpg

いやぁぁぁこれ、カッコよすぎないですかこれ。これ!

前回の記事からの進行を書くと、

機体上面に暗めのグレーでスミイレ、要所要所で水性カラーの8番銀でチッピングを書き込み。

機体下面は、黄色部分は茶色でスミイレ、グレー部分は上面のグレーを明るくした塗料でスミイレを施しました。

DSC02191.jpg

動翼は上下面共につや消し黒でスミイレしています。

プロペラにも派手目にチッピングを施しました。

DSC02187.jpg

横から見ると、そのシルエットが際立ってオモチャみたいですね。

DSC02183.jpg

太平洋戦線では日本機相手に歯が立たなかったこの機体ですが、

フィンランドでは、より高性能なBf109G2よりも、こちらを好むパイロットが多かったようです。

DSC02180.jpg

前回書きましたが、機体右舷の垂直尾翼にあるはずの撃墜マークのデカールは貼るのに失敗しました。

DSC02186.jpg

主翼アップです。

DSC02190.jpg

フィンランドについて調べていると、少ない物資で必死に戦い抜いたところが見えてきて、

大戦末期の日本を連想したので、チッピングは大目にしてみました。実際は知りません(;^ω^)


最後に、この機体の搭乗者、エイノ・イルマリ・ユーティライネン氏をモデルとしたキャラクターの

エイラ・イルマタル・ユーティライネン乗機の Bf109 G6 とツーショット。

DSC02217.jpg

DSC02218.jpg

この間、アニメ放送開始に合わせて作った機体です。

こうしてみると、メッサーシュミットの細身な機体とブルーステルのずんぐりした機体が対照的ですね。


今は発売してないみたいですが、組みやすくていいキットでした。

また再版されたら作りたいですね。


では!

スポンサーサイト

ハセガワ製 1/72 B-239 仕上げ

デカール貼りました。

DSC02154.jpg


デカールについては、ノリの部分がかなり分厚いように見えて心配でしたが、

台紙からは剥がれやすく、また柔らかいので貼りやすかったです。

しかしながら、

柔らかいがゆえにデカール軟化剤が効きすぎて、位置合わせ等は逆に難しかった印象を受けました。

実際私は機体右側の撃墜マークを貼りそびれました。



その後ですが、機体が思いのほかカッコよすぎて作業が止まらず、

この後のスミイレ、チッピングの工程を撮影し忘れておりましたので、


次記事でいきなり完成となります。すいません。

ハセガワ製 1/72 B-239 塗装始め

塗装に入っていきます、B‐239 ブルーステル です。

ところで、当時東部戦線で闘っていた枢軸国の機体はすべて、

翼端と機首に黄色い帯を塗装することが義務付けられていたようで(敵味方識別のためでしょうか)

このブルーステルも例外ではないので、まずは下地に白を塗装します。

DSC02092.jpg

その後、MrカラーのRLM04を塗装。

DSC02110.jpg

やっぱり黄色は筆ムラが出やすくて難しいです。下地はピンクとかでもイイみたいです。試したことないですが


次に上面色を二色、下面色に一色塗装します。

DSC02146.jpg

塗装図では、上面迷彩の暗い方の色につや消し黒を指定していましたが、

どうも違う気がしたので、ドイツ軍指定色のRLM70ブラックグリーンを使用しました。

上面明るい方の色は塗装図に従い、Mrカラーの303番、下面は同325番を使用。

結果がこれです。

DSC02151.jpg

DSC02150.jpg


おぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・

もうこの時点で十分すぎるほどカッコいいんですけど!
    これにデカール貼ったらエライことになるんじゃ・・・


今回筆塗りもそこそこ上手くいきまして、筆の跡は殆ど無くすことができました。

DSC02152.jpg


さぁ~、次はデカール貼って汚し塗装です。

どんな風に汚そうかな~(*^▽^*)

では!

ハセガワ製 1/72 P-47Dサンダーボルト 完成!

と!いうわけで!

ハセガワ 1/72 P-47サンダーボルト ドイツ軍仕様

完成です!


※基本、我がブログの写真はクリックすると拡大画像が表示されます。

DSC02138.jpg

パーツ数も少なめで、非常に組みやすいキットでした。

機体上面色には、自分で調色した茶色系統の色を使用、黄色部分はRLM04、

マーキングは、FineMoldsの別キット付属のデカールを使用しました。

DSC02133.jpg

この飛行機は2400馬力のエンジンで直径3.6mもの大きなプロペラを回す、とんでもないヤツです。

プロペラブレードはつや消し黒、先端はクロムシルバーで塗装。

DSC02136.jpg

DSC02129.jpg

国籍マーク付近アップ。

「米軍マークを塗りつぶしてドイツ軍マークを描いた」感じが伝われば幸いです。

ウェザリングもうまくいったかな。

DSC02140.jpg

個人的にあまり見せたくないですが、裏面。

下地塗装の時にパネルラインに茶色を塗ってみましたが、バッチリと網目模様がついてしまいました。

隠ぺい力の弱い塗料ではやっちゃダメですね。今回の教訓です。

DSC02141.jpg


今度はタミヤ製サンボル。

銀塗装で行きますよ!難しそうですが。

では(^^)/

ハセガワ製 1/72 P-47Dサンダーボルト 塗装

と、いうわけで、塗っていきます。

明日から天気が崩れる予報なので・・・


手持ちの塗料でいい色を探してみましたが見つからず、仕方がないので調色することに。

Warthunderのゲーム画面を見ながら、Mrカラーの赤褐色をベースに黒だの緑だの灰色だのを混ぜて作っていきましたが

イマイチ、パッとしない(´・ω・`)

DSC02093.jpg


どうも茶色成分が強すぎる気がする(ゲーム画面ではもう少し薄い)のですが、

これ以上いじるとどうなるか分からないのでこのまま塗っていきます。


さて、次はアメリカの国籍マークです。

ん?アメリカ?と思った方、そうです。アメリカです。

どうもドイツさん、米国籍マークを別の色で塗りつぶし、その上からドイツの国籍マークを描いた模様。

というわけで塗装。

DSC02112.jpg

大体の場所に塗装して、マスキング、その上から機体上面色を塗装します。

DSC02113.jpg

その後、3回ほど重ね塗り。隠ぺい力が強いのか、すぐに塗装を終わらせることができました。

塗装の剥げはどう表現するか迷いましたが、元がアメリカ機ということで銀色に。

結果がコチラ。

DSC02118.jpg

DSC02119.jpg

中々いい感じ?ですかね(^^)/

やっぱり茶色が強すぎて、ツイッターの方では「チョコレートみたい」とか「おいしそうな色」とか言われましたが…

ウェザリングで何とかなるでしょう(-_-;)


さらにプロペラ。

ハセガワのものはシャフトからブレードまで一体成型で、形が「なんか違う」感じでした。

丁度そんな時、タミヤ側の箱を見ると・・・

おぉっ!一枚余っとるがな!

DSC02120.jpg
(左:ハセガワ、右:タミヤ)

というわけで、タミヤ製のプロペラを使用することに。

シャフトを金属線に交換するなど、多少改造しましたが、カッコいいので良しとします。



あとはデカール貼って小物くっつけて、コート吹くだけ!

一気に完成させますよ!

では(^^)/

このカテゴリーに該当する記事はありません。