Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽が空いてます。

卒業しました!

本当の春休みです!

以上!


・・・最近、プラモデルの話ばっかりで、水槽の話してないんですよね。

これじゃぁもはや、多趣味な少年のブログじゃないと、思います。はい(;´・ω・)


と、いうわけで、水槽の近況報告から。

DSC00715.jpg

こんな感じです。

オトシン3匹は全滅

コリドラスパンダ2匹も玉砕

ドジョウは一向に大きくならない

GHDグラミー2匹も星になり

アベニーパファー3匹は天に召されてしまいました

その他、ブラックネオン2匹と、ミナミヌマエビ6匹、ヤマト沼エビ4匹、カージナルテトラが4匹、

ラミーノーズテトラが2匹、お亡くなりになりました


DSC00716.jpg

苔が最近ひどい。

削っても削っても出てくる。水替えしてるのに。

DSC00717.jpg


そんなに悪い環境なんでしょうかね?ここは。

確かどこかのページで、数を多く入れても、自然とバランスのとれる数に減っていく。

と書いており、まぁ、多分今はバランスが取れているんでしょう。

で、妹のベタが亡くなって、水槽が空きました。

DSC00718.jpg

因みに、水槽台は手作り。

この水槽、何を買うかはまだ考えてないんですが、新たな犠牲者が出そうで怖い(;^ω^)


mimizuku家の水槽、

45cm水槽=死者28名。

30cm水槽=死者1名。


生き物を買うのは難しいですよ・・・

でわ(;´・ω・)

スポンサーサイト

今日の水槽 14.11.15

今日の水槽でございます(笑)
今日は久しぶりにコリドラスとオトシンのためにプレコの餌をあげたので、

・・・食ってました(・ω・`)

DSC00299.jpg

それだけです。

あ、あと、緑色?黄緑?のミナミヌマエビも見つけました。

DSC00301.jpg

DSC00302.jpg

繁殖はできないと思うので、多分、前からいたんだろうなぁ・・・

知らなかったぜ(; ・`д・´)

外掛けフィルター『AT50』の改造!!

早速ですが、フィルターの改造記事を書かせてもらいます。
というのもですね、以前、病気が蔓延しまして、
水質の向上のためにフィルターの追加を、
ついでに改造しちゃえ!!!
ってことでして・・・

まず、準備物!
・外掛けフィルター『AT50』
・濾材(エーハイムのリング濾材と、サブストラットぷろ。)

20141113222339(2).jpg

20141113222339(3).jpg

・猫除けのとげとげ(100均)

20141113222339(1).jpg

・下敷き(100均)
20141113222339(4).jpg

以上!!

では、工作へ・・・

①猫除けをフィルターの底に合わせてカットします。
少し大きめに印をつけて、ニッパーでカット。
ついでに、とげとげの長い方は1cm位に切ります。

20141113222339(6).jpg


②もう一つ同じくらいの大きさにカットして、ビニタイで固定します。
これで、隙間から濾材がこぼれることは無いでしょう。



③下敷きをフィルターの側面に合わせてカットします。
この時、下の奥側(本体内部の、水槽から遠い方)に、1.5㎝×1.5㎝位の
穴・・・じゃないですけど、(;^ω^)
切れ込み・・・でもないですけど(;・∀・)
とにかく水の通り道を開けます。(;´Д`)

20141114164814(1).jpg

④それぞれを所定の位置にセット。
と言っても、ただはめ込むだけなので写真無くても大丈夫ですよね?
・・・し、写真撮り忘れたわけじゃないですよ!(゚Д゚;)

⑤濾材を、リング濾材、ボール濾材の順に入れます。

20141114172351(1).jpg

20141114172351(2).jpg

もちろん、ほかのものを入れてもいいと思います。

完成!

動作テスト!


水槽にかけて、

20141114173620(1).jpg

コンセント入れて、(スイッチないのは焦った)

20141114173620(2).jpg
ドバーーーーーーー

最初は、漏れるかもしれないので、操作のしやすい場所でテストするように!
因みに自分は大成功!

ここに、下敷きがありまして、
水槽から入ってくる水の部屋と(赤線)、
ろ過材を詰め込んでいる部屋に(青線)水位の差があれば成功です。

20141114174446(1).jpg

たぶん。

そもそも、仕組みを模式的に表すと、こうなってます。

DSC00293.jpg

水槽から入ってきた水は、下敷きに阻まれて、下の切れ込みに入ります。

猫除けマットでかさ上げした部分を通り、濾材の間を、にじみ出るように(?)出てくる、と。

僕の製作も、たくさんの方々のブログを参考にしました、
この記事が役に立つことを祈っています。
質問あればコメント欄まで。

では、健闘を祈ります!(`・ω・´)ゞ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。