Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Me410 B-1/U-4 製作記 そして完成へ!

本日二度目の更新です。

と、いうわけで!


Me410、完成です!!!!

DSC01359.jpg


ちょっと屋外で撮ってみました。

ここからは写真のオンパレードです。

携帯の方は見難いかもしれませんがよろしくお願いします。

室内で撮影。オイル汚れもこうしてみるといい感じです。

DSC01360.jpg



疾風の時に作った万能土台に乗せて、オーバースケールな人形(父)とともに。

DSC01365.jpg


今回もアンテナ線は伸ばしランナーで張りましたが、Finmoldsのランナーはものすごく伸びがいいです。

今回の伸ばしランナーは髪の毛ほどの細さになりました。逆に太いのはちょっと難しいかな・・・


BK-5 50㎜機関砲。

有効射程900m、毎分45発の連射性能で、21発の弾丸は僅か30秒で底を尽きると。(30秒も連射できないだろうが)

DSC01383.jpg


開口したのがいい感じですね。塗装は焼鉄色に銀でドライブラシしました。


Me410を装備した第26駆逐航空団第二飛行隊(ZG-26)は、53機のMe410をもって、129機のB-17を撃墜しました(Wikipediaより)

DSC01384.jpg


自分が作ったのも第26駆逐航空団第二飛行隊(ZG-26)の機体です。


毎度おなじみのgif画像。

Me410くるくる


今回のgifは角度が適当な気がしなくもないです、ごめんなさい。


はい、Me410の製作記はこれをもって終了とさせていただきます。

日本橋で買ってきた日から、軽く4か月は経っていますね、びっくりです。


お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。


でわ(*'▽')

スポンサーサイト

Me410 B-1/U-4 製作記 小物取り付け!

はい、お待たせしました。ほとんど完成です。

前回までで、ものすごい細かいデカールを貼り、トップコートに向けてキャノピーのマスキングを終えたわけですが、


幸運にも今日は朝から快晴ですね、珍しく今週末は午前中の練習が無かったので、ランニングをサボって二度寝・・・

起きて、お好み焼き焼いて食べて、その後ベランダに出てトップコートを吹きました。


トップコート終了後、そういえば排気汚れを書いていないということで頭をひねった結果、取り敢えず鉛筆で。

鉛筆で薄ーい線を何本も書き、その上を濡れたティッシュでこすってぼかす、というやり方でやってみました。

DSC01388.jpg


全くの我流ですので、うまいのかどうかわかりませんが、黒鉛が光る、という以外は特に問題もありませんでした。


この手法で、翼内タンクの給油口?らしきもののオイル汚れも書いてみましたが、

DSC01355.jpg  ぼかす前


DSC01356.jpg  ぼかした後


なんというか・・・ こちらのほうが排気汚れらしいですね (;^ω^)

その他、脚の補助?的な桁が異次元へと旅立ったので、伸ばしランナーから自作したところ

DSC013581


写真ではわかりにくいかもしれませんが、

こちらのほうがスタイリッシュな感じでよかったです。

怪我の功名ってやつですね。


あとは、エルロンの・・・これは何なのでしょうか、小さなパーツも異次元へ旅立ってしまったので、

伸ばしランナーで作った結果、まぁまぁな出来でした。

DSC01363.jpg


キャノピーを突き破って伸びている照準器、ちょっと失敗しました。

やっぱり難しいですね。若干下に傾いています。

DSC01386.jpg

あとはシートベルト、こんな感じになりました。

DSC01389.jpg


後席はあんまり見えなかったです・・・



で、この機体、実はもう完成しているのですが、記事が長くなりそうなのでいったん打ち切ります。

でわ(´◉◞౪◟◉)

Me410 B-1/U-4 製作記 デカール貼り

長くなってますねー、Me410製作記シリーズも今回で11回目でしょうか。

自分もこんなに長い時間をかけてプラモを作ったことはないので少し驚いています。


今回はデカールを貼っていくわけですが、感想から言うと、

疲れたのなんのって、視力が落ちるかと思いましたよ (´◉◞౪◟◉)

・・・俺は何を言っているんでしょう


そのデカールなのですが、とにかく細かい!

F-15を完成させた時も、気の遠くなるような細かさ・多さのデカールを貼りましたが、

今回もそれに数こそ劣るものの、とても細かいデカールになっていました。

DSC01344.jpg  細かいのなんの・・・


若干ピンボケな気がしなくもないですが、文字はきちんと読めました。

もちろん、定規の目盛りは1㎜です。

このデカールは、まだいい。文字が細かくても、貼りにくい大きさではないので (*^^)v


問題はこっちです。

DSC01347.jpg


恐怖すら沸いてきますよね、これ ( ;∀;)

大きさは0.5㎜ほど(のり部分含む)。 機体に乗せるのも一苦労です。

これは機体側面に貼るデカールなのですが、⑬の方はそもそも塗装図にすら載っていませんでした。

何のためのデカールですかこれ・・・

機体側面にデカールを貼るときは両手が使えないので(片手で機体を立てるため)、こんな風にセット。

DSC01349.jpg


それで、貼った結果がこれ。

DSC013521


機銃側面もカッコいいです。

1DSC01353


そのほか大判デカール(普通サイズ)も貼り、一気にドイツ機らしさが出ました。

DSC01351.jpg


トップコート吹きに向けて、キャノピーを簡易マスキングしたところで作業休止。

DSC01354.jpg



次回はトップコート、余裕があれば、小物の組み立てと取り付けも行いたいと思います。

それでは(*´▽`*)

Me410 B-1/U-4 製作記 ~スミ入れ

はい、お久しぶりです。

最近毎日毎日雨続きで面白くない天気が続いていますね(*´ω`)

部活ができないのにプラモもできない・・・


・・・すいません今日日曜日ですね。

土曜日更新できませんでした。少し水槽の大掃除をしておりまして。

Youtubeの方で、水槽について質問がありましたのでまたそのことについても記事にしたいと思います。


では、Me410の方ですが。

前回、「次回は小物類の組み立てをする」といったのですが、少しミスがありましたので修正。

機体側面に白帯があるのですが、これを塗装していなかったので

DSC999999.jpg


マスキングテープでマスクした後にシンナーで色を落とし、白で塗装。

DSC013201.jpg


他にも、脚格納庫の底?が、外れたので修正。

DSC013221.jpg


ホントに疲れました。

これについては、取り敢えず接着はしたものの、恐らく歪んでいます。


で、その後側面防衛機銃を取り付け。

指定色はフラットブラックでしたが、雰囲気重視ということで黒鉄色に銀でドライブラシしました。

DSC01336.jpg


その後スミ入れ。

デカールはまだ貼ってません。

DSC01335.jpg


DSC01337.jpg


はい。

ここからすることといえば、デカール→トップコート→小物取り付けとなるのですが

あいにくこの天気、晴れていれば部活に行くので、トップコートはいつになるやら・・・


というわけで、これまた気長に待っていただけるとありがたいです。

でわ(;・∀・)

Me410 B-1/U-4 製作記 迷彩塗装

こんにちわ、mimizukuです。

前回は無理やり更新した形になりましたが、今回は普通に更新します。


忘れかけてたのは秘密・・・



で、今回から迷彩塗装になるわけですが、今回は少し実験的に塗装してみたいと思います。


というのも、そんなたいそうなものでも無いのですが、

機体の右側半分と左側半分で塗装方法を変えようと思います。


つまり、ドイツ機特有の迷彩塗装、モットリング迷彩をネタにして技術の向上を図ろうと・・・


(;´・ω・) <何言ってんだ俺


・・・内容を言うと、機体の右側面の迷彩を「薄めた塗料を塗ってぼかす」やりかたで。

機体左側側面の迷彩をドライブラシで。


結果はこんな感じになりました。

DSC01310.jpg


コチラが右側面、薄く溶いた塗料でぼかしました。

因みにこの方法は、前回のFw190でもしております。


ただ、今回は前作でした「斑点の上に機体色を薄く塗る」工程はスキップしています。


そして左側側面。

DSC01309.jpg  暗くてごめんなさい。


ただドライブラシしただけ・・・ ではないのですが、

ふちのボケアシがいまいちだったので、薄く溶いた機体色で斑点の塗料をぼかしました。


自分的にはこっちの方が自然な感じで好きです。


この後は小物類も組み立てようかと思っております。


でわ(-_-)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。