Orzな日記。

多趣味な少年のブログ。

タミヤ製 1/72 Fw190 A-3 そして完成へ

ホントお久しぶりですねw

こんにちは、mimizukuです。

オーストラリア旅行の記事もいいのですが、やりかけの仕事は終わらせないとね(;^ω^)

っていうことで、Fw190の記事を進めます。

前回は、デカールを貼る寸前まで書きましたので続きから。


といっても、デカール貼りの写真なんてとってないので、キャノピーの接着ですね。

こちら。

DSC00940.jpg


「美透明接着剤」です。

こちらは近所に売ってなかったので通販で買いました。

結構使えますよ。これは。ホントに透明です。

ただ、1年とかそこら経つと、黄色くなってきます。

で、デカール貼り付けからの、キャノピー接着。


ここで痛恨のミス。


キャノピーを張り付ける際、結構動くんですよ。この接着剤は。

で、マスキングテープで押さえて、一日たって、剥がすと・・・

DSC00942 (1)

DSC00941.jpg


デカールも剥げちゃいました( ;∀;)

我ながらこんな失敗するとは・・・  マークセッター塗ったのに

しかし、「デカールの上からマスキングテープ」ということに恐怖を感じた僕は、この後どうすることもできず。

見なかったことにしてくれよな ☆


で、前回作った土台に木工用ボンドで接着。

DSC00945.jpg

DSC00946.jpg

DSC00947.jpg

DSC00967.jpg


部屋の中ですが、太陽光があったので撮影しました。

いい感じに撮れました。


さらに、裏面&足回りも。

DSC00969.jpg



写真入れすぎですか?


・・・。



次行きましょう!


だいぶ前に作ったお父さん人形とツーショット。

家族内では似てると評判です。

DSC00972.jpg


今は、僕のYouTubeのチャンネルの写真にもなってます。

で、毎度おなじみのGif画像。

Fw190くるくる



以上になります!


ありがとうございました。

明日からは(明日じゃないかも)オーストラリアの記事も書きたいと思っています。

相変わらず画像多いですが、よろしくお願いします。


でわ(^^)/

スポンサーサイト

タミヤ製 1/72 Fw190 A-3 初!スミ入れ!

この間イヤホン買いに行ったら、途中で雨が降ってきてちょっとブルーになったmimizukuです。

イヤホンのことに関しては、別記事で書かせてもらいます。


と、言うわけで。今回も製作記。行ってみよ~

今回、皆様の奨めにより、スミ入れを敢行することになりました。

初めてです。


(;'∀')



・・・で、イヤホンついでに買ってきました。

DSC00924.jpg


エナメル塗料!

内容は、ジャーマングレイ、艶消し黒、溶剤、空の瓶です。

取り敢えず、ジャーマングレイ:溶剤=1:4くらいで混ぜて、空の瓶に投入!

DSC00930.jpg


mimizuku特製、スミ入れ塗料 Mk.Ⅰ です。

名前に意味はありません。

取り敢えずこの塗料を使って、スミ入れを行っていくことにします。

スミ入れ前

DSC00931.jpg


これの、凹モールドにスミ入れ塗料 Mk.Ⅰ を流していきます。

毛細管現象楽しい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

調べてみると、植物もこの原理を使っているんだとか。

世界一高い木、セコイアメスギという木の、「ハイぺリオン」(名前)が、

高さ:115.61m、直径:4.84mで、世界一。

毛細管現象は115mの高さの葉っぱにも水を分けているのです!

ということは、115mの凹モールドにスミ入れ出来るのでしょうか?

多分無理ですねw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という話をしている間に、乾燥、拭き取りを終わらせました。

DSC00935.jpg


え?あまり変わってない?

そうなんですよ。目で見ると一目瞭然なんですがね・・・

で、裏面、上面ともにスミ入れ。

DSC00936.jpg


DSC00933.jpg


ただ、上面の、迷彩の濃い方は、ジャーマングレイだとよくわからなかったので

艶消し黒を使いました。

DSC00937.jpg


足回りもこんな感じ。

角度が難しかったです。

多分今も間違ってると思う。


で、ベースの作成。今回もジオラマっぽくしていきます。


前回と同じく、100均で買ってきた写真立てを使います。

前回の土台作りを見ていただくと分かると思うのですが、今回も同じ作り方です。

そして、着色。

DSC00923.jpg


赤色を強めにして塗ってみました。

資料を見たわけではないですが、想像で。

そのあと、ボンド:水=1:3で薄めた、水溶きボンド Mk.Ⅵ

を、霧吹きで吹き付け、何をするかというと・・・

KATOのパウダーを撒いていきます。

乾燥したら、飛行機の車輪が来るところをへこませて完成!

DSC00943.jpg


Fw190も、残すはデカールのみ。

次回で完結させます。

でわ(*^^)v

タミヤ製 1/72 Fw190 A-3 モットリング迷彩

どうもコンバンワ。

機銃を付けて一段落ついたフォッケウルフです。

20mm4丁に、7.92mm2丁。すごい重武装ですね。

ハリケーンの7.7mm12丁もすごいですけど・・・

DSC00917.jpg


それにしても、7.92mmって・・・ 中途半端過ぎやぁしませんかい?

いっそのこと8mmにすればいいのに (;´・ω・)


あ、そうでした。

モットリングの経過を報告するんでしたねwww

取り敢えず、前回と同様に二色分の迷彩を置いていきました

DSC00918.jpg


ただ、やはりここが筆塗り最大の弱点。

ボケ幅が細いんですよね (;^ω^)

そりゃぁ、薄めた塗料を塗るのもアリですが、私みたいな初心者が調子に乗ると・・・


ねぇ (;´・ω・)


・・・というわけです。

かといって何もしないのもどうかと思ったんで、かなり薄めに溶いたライトブルー(モットリングの下地)

を、ぼかしついでに上塗りしていきます。

全体的にライトブルーがかった色にすることによって、いかにも「薄めに塗ったんですよ」っていう

視覚的効果を狙ってます。

DSC00920.jpg


全体的にみるとこんな感じ。

DSC00921.jpg


上面。2回目ですケド。

DSC00922.jpg




・・・今回はここまでで。

おやすみなさい。

でわ (-ω-)/

タミヤ製 1/72 Fw190 A-3 機体塗装上面

いやぁ、前回はすいません。

眠たかったもので・・・

で、機体塗装のモデルとなった機体ですが、前回は書いていなかったので。

今回作る機体は、 第2戦闘航空団第3飛行隊司令官 ハンス・ハーン大尉機 1942年 フランス です!


第2戦闘航空団ですが、これについて、ネットで調べると第54航空団しかヒットしないんですよね。

これらは同じ航空団なのでしょうか?よくわからないのですが、

第54航空団でFw190が初めて配備されたのは1943年の2月。

この塗装図にある、1942年のFw190は存在しないことになってしまいます。

しかし、機首下面の黄色塗装など、第54航空団とかぶっているところもあり・・・

誰か教えて!

因みにこの第54航空団、部隊では9600機の撃墜数を誇っており、それでも第2位だそうです。

第1位は第52航空団、かの有名なエーリッヒ・ハルトマンの部隊です。

部隊撃墜数は10000機以上! ( ゚Д゚)



こんな話はさておき。


機首下面の黄色をマスキングゾルで保護。

機体上面色を塗っていきます。

DSC00900.jpg


側面の色は、下面色と同じライトブルー。

DSC00901.jpg


その後、機体上面色との境界をこれまたマスキングゾルでマスク。

DSC00907.jpg


塗装図に従って、上面2色迷彩のうち、濃い方(グレイグリーン)を塗っていきます。

DSC00908.jpg
画像暗くてすいません。


これは3回塗りですが、モールドが埋まる気配なし!

強風でコツをつかんだようです。(自分で言うのもアレですが)

そしてまたまたマスキング。

DSC00912.jpg


これは乾く前の画像ですが、境界に塗って、デザインナイフで切りました。

ただ、このデザインナイフが失敗だったようで・・・

このことに関してはまた後ほど。

そしてぇ!

DSC00915.jpg
ピンボケすいません。


はい。こうなりました。

まぁ、普通にうまくできたのではないでしょうか?

塗り分けラインはこんな感じ。

DSC00914.jpg


後ほどぼかします。

そしてそして・・・

これぞドイツ機の醍醐味!

モデラーの皆さんならご存知の通り、モットリングと呼ばれる迷彩塗装。

説明書には、

「上面色等を利用してぼかしの強い斑点などを入れる迷彩」と書いており。

表現をどうしようかと思いましたが、かなり薄めに解いた塗料。

色のついたシンナーを塗っていく・・・というか、水滴を置いていきます。

DSC00916.jpg


こんな感じに。

乾燥後の写真は次回で。


記事が長くなりましたのでここらへんで。

でわ(*^^)v

タミヤ製 1/72 Fw190 A-3 

OBとして部活逝ってきました。

疲れたです(;^ω^)



それでもプラモは進めてますよ。

プロペラを塗りました。

明らかに緑が濃いような気がしたのですが、本当がどういうものか知らないのでそのまま塗りました。

DSC00895.jpg


下面色は、いつも通り薄めの塗料を今回は3回塗りで仕上げました。

DSC00897.jpg


これもまたかなり水色だったので驚きましたが、まぁこんなもんなんだろうな、ってことでそのままです。



かなり文章がひどいと思いますが、すいません。

19時ですが眠たいんです。


・・・はい。

で、今回の迷彩なのですが

DSC00898.jpg


説明書にある3種類の中からコチラをセレクト。


取り敢えず塗り始めていきますが、今日は眠たいので、


短かったですが、ここでさようなら。

でわ ( ーー)/

このカテゴリーに該当する記事はありません。